「高橋歯科医院」札幌市中央区北3条東8丁目350     電話:(011)231-2624              2018-11-05
 

11月

3343.jpg
●11月の診療時間のおしらせ
 6日(火) 会務のため 18:00まで
 7日(水) 会務のため 19:00まで
10日(土) 会務のため 12:00まで
13日(火) 会務のため 18:00まで
14日(水) 会務のため 18:00まで
20日(火) 会務のため 17:30まで
21日(水) 会務のため 18:00まで
22日(木) 会務のため 17:00まで

●11月のトピック
みなさん、こんにちは。
11月に入りましたが、今年は今のところ例年より若干暖かい感じがしますね。
この冬も暖冬だと良いのですが、それでは困る人もいて、複雑ですね。

今年を振り返るにはまだ早いですが、いろいろなことがありました。
冬季オリンピックが開催されたこと、官僚がセクハラ騒動で辞任したこと、サッカーワールドカップが開催されたことなど、とても今年の出来事のように感じません。

今年は、北海道で非常に大きな地震があり、これだけではなく台風被害やそれに伴う洪水など災害が多かった印象があります。
幸いなことに、私自身は大きな被害に遇うことなく無事に生かされてきましたが、被害に遇われた方には1日でも早く復興されるよう、お祈りいたします。

さて、歯科界では保険改正が行われ、過去になかった概念が取り入れられました。
大きなものでは、基本診療料の中に「感染予防対策」の概念が取り入れられ、対策を講じない医療機関は減点になるというものです。
私が歯科医になってから、基本診療料が減点になることはなかったように思いますが、それだけ国民の歯科医療に対する目が厳しくなったといえるのではないでしょうか。

また歯科では珍しく、新しい概念に伴い病名が追加されました。
小児と高齢者における口腔機能障害に関するものです。
現在のところ、保険導入に関する評価は定かではありませんが、今後の高齢化社会には必要なものとなっていくことと思われます。
私自身は、夏の健康診断で若干検査値が改善し、「一喜」したものの、最近運動をさぼり、「一憂」しているところです。
しかし、悪い時があったから改善しようという気になったわけで、また明日から体調管理に気を付けてゆきたいと思います。

札幌市では、10月から「札幌市後期高齢者歯科健診」が開始されました。
現在75歳以上、あるいは65歳以上の障害を持つ(障害の認定を受けられた方)札幌市在住の方が対象ですが、十分周知されておらず健診を受ける方は少ないです。
今後、この健診も充実して受診しやすくなると思いますので、該当される方はご利用してみてはいかがでしょうか(1年に1回に限り受診でき、1回400円です)。

10月

6 (1).jpg
●10月の診療時間のおしらせ
 2日(火) 会務のため 17:30まで
11日(木) 会務のため 18:00まで
15日(月) 会務のため 18:00まで
17日(水) 会務のため 18:00まで
25日(木) 会務のため 18:00まで
31日(水) 会務のため 17:30まで

●10月のトピック
みなさん、こんにちは。
10月に入りましたが、台風が日本列島を縦断し各地で被害をもたらしました。
北海道は、9月初旬の台風来襲と胆振東部地震で甚大な被害に見舞われました。
私には何もできませんでしたが、被災地の方々の一日でも早い復興をお祈りいたします。

今まで、日本各地で起こった大雨による洪水、地震など報道でしか知ることができず、被災者の大変さはわかりませんでした。
今回、地震や大規模停電を経験し僅かではありますが、今まで災害に合われた方々の気持ちがわかった気がしました。

災害の備えが重要といわれていますが、どこまでの準備が必要なのかわかりません。
ただ、健康管理は日頃からどの場面においても重要であると思いました。
災害で病院へ行けなくなったり、入院中の方の治療が困難になったり、病気の方にとっては命にかかわる問題です。誰しも好んで病気になっているわけではありませんが、自分自身も健康の維持に注意しなければならないことを実感しました。

ところで、災害が発生した時にいち早く被災地へ赴き、救援活動を行う災害派遣医療チーム(DMAT)というものがありますが、これは医師、看護師、救急救命士、薬剤師などで構成される医療チームで、残念ながら構成員の中に歯科医師は入っておりません。
しかし、DMATが撤退した後に業務を引き継ぐ、日本医師会災害医療チーム(JMAT)へは歯科医師、歯科衛生士が参画し、被災地での歯科医療の支援を行ったことがあります。

災害が起こらないに越したことはありませんが、もし起こってしまった場合には避難生活が長期化することもあり、全身の健康管理と合わせて口腔内清掃などのケアも重要で、私たち歯科医師が少しでも貢献できればと、考えております。

9月

fuufu.jpg
●9月の診療時間のおしらせ
 4日(火) 会務のため 18:00まで
 6日(木) 会務のため 17:30まで
11日(月) 会務のため 17:30まで
13日(木) 会務のため 18:00まで
19日(水) 会務のため 18:00まで
20日(木) 会務のため 16:30まで
28日(金) 会務のため 18:00まで

●9月のトピック
みなさん、こんにちは。
9月に入って、いよいよ秋のような日差しを感じるようになりましたね。
近年感じるのは、天候が少しずつ変化いていることです。
今までは、梅雨が終わり、夏に熱くなりそして秋に台風という感じでしたが、今年は台風ばかり到来していたように思います。
かと思うと、40度近い気温が続き、各地で熱中症により体調が悪くなる人が多かったように思います。

どういうわけか、北海道はいつものようにあまり暑くなりませんでしたが、それは良いことなのかもしれません。
冬が長く、他の地域よりつらい思いをしているので、せめて夏だけでも気持ちよく過ごしたいものです。

さて先月2日、厚労省が「健康日本21(第二次)推進専門委員会」を都内で開き、中間報告書案を提示しました。
これは、生活習慣病の発症・重症化予防、国民の健康に関する方向性を示したもので、もちろん歯・口腔に関する項目についても盛り込まれております。

これは5年ごとに計画の進捗状況を見極め、目標の新たな設定を行うものですが、歯に関する項目の一つに「80歳で20本以上の歯を残す」という項目があります。
これに関しては、日本歯科医師会でもすでに取り組んでいる事業があり、平成元年の開始当初は7%程度の達成率で、平均残存歯数は4~5本でした。平成28年にはついに51.2%を達成し(2人に1人は、80歳で20本以上の歯がある)、このことも影響して今回の中間評価で目標値が80%に設定されました。

失礼ながら、昔のお年寄りのイメージでは、入れ歯を「カクカクさせて、口元が落ち着かない」という感じでしたが、近い将来は「肉でも魚でもバリバリ食べている」という感じになるかもしれません。

札幌市でも、同様の中間評価を行っているところですが、予算の関係なのか「歯・口腔」に関してはあまり多くの項目は盛り込まれておりません。

各年齢層ごとに、各職種あるいは一般市民から選出された委員から意見を聞く際に、歯科項目の協議のなかで「青年層で歯科医院への定期検診はあまり必要ないのでは?」という意見が出され、少し残念な感じがしました。

しかし、これは「通院してどうなるの?(良くなるの?)」といった意見の表れなのかとも思い、我々ももっと市民にアピールできるように頑張らなければならないと感じました。

10月からは、いよいよ「札幌市後期高齢者歯科健診」がスタートすることになりました。
対象は約20万人です。こちらの方も、市民へアピールして口腔の健康へ寄与できればと思います。

8月

ben.jpg
●8月の診療時間のおしらせ
 2日(木) 会務のため 18:00まで
 3日(火) 会務のため 14:00より診療
 6日(月) 会務のため 18:00まで
 7日(火) 会務のため 18:00まで
 9日(木) 会務のため 18:00まで
13日(月) 休 診
14日(火) 休 診
21日(火) 会務のため 17:30まで
22日(水) 会務のため 18:00まで
23日(木) 会務のため 17:00まで

●8月のトピック
みなさん、こんにちは。
今年の夏は非常に暑く、北海道でも30度を超える日が続いていますが、体調管理には十分ご留意ください。
そうこうしているうちに、夜は肌寒く感じるようになりました。
やはり、北海道の夏は短いですね。

さて、先日子どもと話をしたら、勉強が忙しくさらに就職活動もしなければならず、大変とのことでした。
試験だけでなくレポートなどの提出も厳しく、寝ずに頑張っていると聞き、本当なら大変な学生生活だなと思いました。

前にも話したように、私の場合は「遊びたかったら、大学へ行け」と塾の先生に言われていたので、「ぬるま湯」につかりながら大学生活を送っていたのを思い出します。
先日、大学の同級生が教授に就任し、講演のため来道するということで出席しましたが、そのなかで現在の在校生の状況の説明がありましたが、とても自分にはできないことと感心しました。

現在、歯科大学に浪人、留年せずにストレートで国家試験に合格する学生の割合は、50.8%だそうで、信じられない気持ちです。
臨床実習においても、スチューデント・デンティスト認定制度が3年後から実施されるということで、「大学に入っても、遊べるわけがない」ということになります。

歯科に限らず、お医者様も、薬剤師さん、看護師さん、他の職業の人など、これから社会に出てくる人たちは、ものすごく優秀な人たちなのでしょう。
ただ、知識や技能だけでなく、一社会人として成長してもらいたいものです。

7月

20380801.jpg
●7月の診療時間のおしらせ
 2日(月) 会務のため 18:00まで
 3日(火) 会務のため 18:00まで
 9日(月) 会務のため 18:00まで
11日(水) 会務のため 17:00まで
12日(木) 会務のため 18:00まで
13日(金) 会務のため 18:00まで
18日(水) 会務のため 18:00まで
25日(水) 会務のため 17:00まで
26日(木) 会務のため 18:00まで

●7月のトピック
みなさん、こんにちは。
「初夏」と呼びたいところですが、先月末からの長雨で、加えて蒸し暑い中体調管理には十分ご留意ください。

さて先日、歯科情報専門紙に東京都歯科医師会付属歯科衛生士校が、募集停止を検討していることが掲載されていました。
歯科衛生士の養成校が減ると、当然卒業生の数が減り、結果として世に出てくる歯科衛生士の数も減ってしまうことになります。
歯科衛生士の数が減ることは、私たち歯科医にとって非常に深刻な問題です。
診療を行ううえで、歯科衛生士の存在は重要ですが、札幌では非常に不足しており、北海道の地方都市では尚更顕著だと思われます。

また、歯科衛生士は他の職業と比較して離職率が高いと言われています。
理由はいろいろ考えられますが、仕事の大変さの割には待遇面に満足できない人が多いのかもしれません。
また、歯科医師の大部分は個人開業医であり、数十人からなる職場は珍しい方でしょう。
養成校を卒業して社会人となり、一生働くには狭い世界なのかもしれません。

少し古いデータですが、H28年の全国の歯科衛生士数は263,736人で、そのうち北海道の数は5,837人です。
しかし、実際に就業している人の数は全国で123,831人ですので全体の半数以下です。
つまり、資格を取得していても半数以上の人は歯科衛生士として働いていないということになります。

女性の場合は、結婚や出産、育児など仕事を続けるうえで難しいことが多いですが、歯科衛生士という職業が魅力に欠けるのかもしれません。
近年は、少子化ということもありますが、養成校の定員割れが深刻な問題です。
実は、札幌歯科医師会には会立の養成校があり、歯科衛生士科、技工士科があります。
今年は、当会の札幌歯科学院の衛生士科は定員割れこそなかったですが、志半ばで進路変更してしまう学生もおります。

今後私たち歯科医師が、歯科技工士や歯科衛生士といった「歯科医療従事者」の魅力を伝えられなければならないと思います。

6月

mu.jpg
●6月の診療時間のおしらせ
 2日(土) 会務のため 休診
 5日(木) 会務のため 18:00まで
14日(木) 会務のため 18:00まで
20日(水) 会務のため 18:00まで
26日(火) 会務のため 17:30まで
28日(木) 会務のため 18:00まで
29日(金) 会務のため 17:30まで

●6月のトピック
みなさん、こんにちは。
「初夏」とまではいきませんが、暖かい日が何日か続き、北海道もやっと過ごしやすい季節になったと実感できるようになりました。

さて、先日6月2日(土)10:00~16:00まで、サッポロファクトリー・アトリウム広場(以下ファクトリー)に於きまして、「歯っぴいらんど2018」が開催されました。
これは、6月4日(ムシ)すなわち「虫歯の日」にちなんで行われる、歯と口の健康を推進する週間(歯と口の健康週間)の健康事業の一環として、毎年開催されています。
もちろん、この時期は札幌だけではなく、全国各地で関係する催しが開催されております。

「虫歯の日」というと、少し気持ちが悪いかもしれませんが、「虫歯を予防する」と考えていただきたいと思います。
もちろん、お口の健康を考えるうえで重要なのは「虫歯(予防)」だけではなく、「歯周病(予防)」、や高齢者における「飲み込み(誤嚥防止)」、「口腔がん(早期発見)」など、多岐にわたっておりますが、この期間に改めて「お口」に関する関心を高めていただくことが、私たちの最大の目的です。

さてファクトリーでの開催結果ですが、ここ数年の来場者数は約10、000人で、「歯科ドック」という口腔に関する簡易検査などを行った方は、昨年では「虫歯菌測定、咬合力(噛む力)」で950名、「口臭測定」で210名、「歯の健康相談」で536名などで、1日間に行うイベントとして参加者は決して少なくはありません。
今年の結果につきましては、何かの機会にご紹介させていただきたいと思います。
ところで、6月の第1週の土曜日は、札幌では「運動会」と日程が重複する場合が多く来場者にも影響すると思われますが、そんななかでもたくさんの方にご来場いただき、感謝申し上げたいぐらいです。

今後も歯科医師会では、行政、そして一般企業などとも連携してお口の健康増進に取り組んでいますので、応援していただければ幸いです。

以前ご紹介したかもしれませんが、歯科では「DMF指数」という指標があり、虫歯の本数、虫歯が原因で治療したり、抜いたりした歯の本数をもとに、虫歯の罹患度を評価していますが、12歳児童におけるH29年の全国平均は「0.82」でした。
これは簡単に言うと、虫歯の本数が1人平均1本に満たないということで、大変素晴らしい数字です。

一方、北海道の平均は、「1.5」で、47都道府県中45位でした。
1位は新潟の「0.4」でした。「虫歯が減ると、歯医者は廃業か?」。
確かに歯を削ったり、抜いたりする治療は減るかもしれませんが、予防のために歯の清掃やブラッシング指導など、「痛くない時でも、定期健診をしていただく」ことで、今後の歯科のあり方も変わってくると思います。

5月

kinu.jpg
●5月の診療時間のおしらせ
 1日(火) 会務のため 18:00まで
10日(木) 会務のため 18:00まで
11日(金) 会務のため 17:00まで
16日(水) 会務のため 18:00まで
18日(金) 午後の診療時間はご確認ください。
24日(木) 会務のため 17:00まで
31日(木) 会務のため 18:00まで

●5月のトピック
みなさん、こんにちは。いよいよ大型連休を迎えますね。
ただ、この時期も仕事をされている方もおり、休める自分の幸せを感じております。
私の家は、子ども達も部活などで勝手に過ごしておりますので、やっと余裕をもって休めそうです。

さて先月、元プロ野球選手で野球解説者だった衣笠祥雄さんが亡くなりました。
闘病されていたということですが、大変残念でした。
私が子どもの頃は、もちろん現役で大変活躍されておりましたが、引退後もテレビなどによく出演されておりましたので、ご存知の方も多いでしょう。

71歳という年齢も、今の時代を考えればあまりにも若いと言わざるを得ません。
心よりご冥福をお祈りいたします。
ずいぶんしんみりした話ですが、彼の笑顔をテレビで見かけると、広島ファン、いや野球ファンではなくても心が癒された方もいるかもしれません。

その後、いくつかの番組の中で「彼の軌跡」について紹介されておりましたが、必ずと言って良いほど「現役時代の数多くのケガを乗り越えた鉄人」と呼ばれた内容がありました。
そして、ある番組の中で「自分は試合で常に全力を尽くした。人生でも、積極的に生きていれば痛い目にも遭う」という本人のコメントが伝えられておりました。

最近、歯科医としての仕事、会務としての仕事などで、いろいろな人から「思わぬ冷たい言葉」を掛けられることがあります。
自分には落ち度がないと思っていても、他人のとらえ方は様々です。
そんな時には、自分のとった行動を後悔したり、ストレスがたまったりしますが、前述の言葉を知って少しは気持ちが落ち着くような気がします。

私の会務としての務めも、あと1年2か月でゴールです。
ゴールした後にまた始まるか、あるいはお役ご免かはわかりませんが、体に気を付けながらやって行きたいと思います。

4月

de (4).jpg
●4月の診療時間のおしらせ
※21日(土)サンスターファミリーミュージアム「いい歯キラメキキャンペーン2018」に出向します。 ぜひ、いらしてください!

 2日(月) 会務のため 17:00まで
 3日(火) 会務のため 18:00まで
12日(木) 会務のため 18:00まで
17日(火) 会務のため 18:00まで
18日(水) 会務のため 18:00まで
19日(木) 会務のため 午後休診
21日(土) 会務のため 11:00まで
26日(木) 会務のため 18:00まで

●4月のトピック
みなさん、こんにちは。
今年も、新学期が始まる時期になりました。
お子様がいらっしゃるご家庭では、何かと慌ただしいかと思いますが、来月の今頃には落ち着きを取り戻していつことでしょう。

さて、4月に入ってさすがに道路の雪はなくなりましたが、春には程遠い肌寒い日が続きますね。
本州では、半そで姿でアイスクリームを頬張っている子ども達がテレビで紹介されていましたが、札幌ではダウンジャケットでも寒く感じる日もあります。
もう少しの辛抱ですね。

先月もお話しした通り、今月から医療保険の内容が少し変わりました。
歯科の目玉(?)の一つに、感染予防対策に係る内容が追加されたことです。
一昨年、読売新聞に「歯科で使用する小器具が、ほとんどの医療機関で使いまわし(未滅菌で使用)されている」と一面に掲載され反響を呼びました。

全く弁解の余地のない不名誉なことです。
幸いにして、私の診療室では以前より歯を切削する器具は治療ごとに交換しておりましたが、歯科医として弁解をさせてもらうと、こうした取り組みには「時間とお金」が必要ということです。

日常的に使用する切削器具(エアタービンや5倍速コントラ)は、非常に高価でデリケートなのです。
1つが7~15万円程で、熱滅菌により壊れやすくなります。
一般的には、オートクレーブ(2気圧、121~135℃、15~20分)で滅菌を試み、全くの無菌状態にすることは不可能ですが、再度の使用に耐えうる環境にはできます。

こうした器具を安全な状態に保つためには、1台の歯科ユニットに対し10個ほど準備しなければならず、これだけで単純に70~100万円位かかる計算です。
確かに、今まで私達の取り組みは遅れていたかもしれませんが、マスコミが取り上げる口調はいつも批判的で攻撃的です。

こうした報道を目にした一般の方の目も、非常に厳しいものです。
これからは、皆で取り組んでいかなければなりませんが、これを行うことによって基本診療料に1点増点されます。
なんだか寂しい限りですが、我慢してやっていくしかありませんね。

3月

ori.jpg
●3月の診療時間のおしらせ
 5日(月) 会務のため 18:00まで
 6日(火) 会務のため 18:00まで
 7日(水) 会務のため 17:30まで
 8日(木) 会務のため 18:00まで
 9日(金) 会務のため 16:00まで
10日(土) 会務のため 休 診
12日(月) 会務のため 18:00まで
19日(月) 会務のため 18:00まで
14日(水) 会務のため 18:00まで
19日(月) 会務のため 18:00まで
20日(火) 会務のため 12:00まで
22日(木) 研修のため 13:00まで
26日(月) 会務のため 18:00まで
29日(木) 会務のため 17:30まで
31日(土) 会務のため 12:00まで

●3月のトピック
みなさん、こんにちは。今年も、なんとなく慌ただしく過ぎてゆく感じがしていましたが、
気が付くともう3月で「春」の到来も近いのでしょうか?

さて、テレビの前で夢中になって応援した方も多いと思いますが、平昌(ピョンチャン)オリンピックも終了してしまいました。
開会前は、いろいろなマイナスイメージの報道もありましたが、日本も過去最多となるメダルを獲得したということですので
「めでたしめでたし」となったと勝手に考えております。

大会では、多くの日本人選手の活躍に感動する場面も多かったです。
今大会に限って言えば、女性選手の活躍が取り上げられることが多かったように思います。
男子選手の場合は、欧米人選手との対格差があり、同等に競うことが難しいのかもしれません。

「日本のお家芸」などと言われ、金メダル獲得が有望視された選手などは、ある意味可哀そうな感じがしました。
国民の期待を一手に背負い、相当なプレッシャーがあったに違いないと推察しておりました。
逆に、あまり期待をかけられなかった選手が、素晴らしい結果をもたらした時には大きな感動を得ることになります。

しかし、今回メダルを獲得できなかった選手も、十分称賛に値すると思いますし、メダル獲得はかなわなくとも、
万人が得ることのできない貴重な体験をしたということが、これからの人生を送るなかで役立つことでしょう。

私は、全くの運動音痴なので、オリンピック選手のように人々に感動をもたらすことはできませんが、
日本の歯科医師10万4千人のうちの1人として人々のお口の健康維持に尽力したいと考えています。

2月

c.png
●2月の診療時間のおしらせ

 6日(火) 会務のため 18:00まで
 7日(水) 会務のため 18:00まで
 8日(木) 会務のため 18:00まで
15日(木) 会務のため 18:00まで
19日(月) 会務のため 18:00まで
22日(木) 会務のため 午後休診
26日(月) 会務のため 18:00まで

●2月のトピック

みなさん、こんにちは。
2018年も、もう最初の1カ月が終わりました。
残り11カ月、頑張っていきたいと思います。
今年は、私たちにとって非常に重要な「診療報酬改定」があります。
いろいろな部分が変わり、仕事面でも影響が出ます。

歯科では、いろいろな新しい技術が取り入れられるようですが、
一例では金属を使わないレジンといわれる素材を使用した治療法が導入される見込みです。
今までは、1本ずつ限られた範囲での使用でしたが、
今回は3本分つなげたものが保険治療として認められるようです(いわゆるブリッジというものです)。
しかし、まだまだ自由度が少なく特定の疾患に限られ、全ての人に使えるわけではなさそうです。

奥歯が虫歯になったり、失われた場合は、今までは「銀歯」による治療が大部分でしたが、
特定の条件を満たした場合はレジンと呼ばれる
「硬いプラスチック」が使えるようになり、天然の歯に比較的近い状態に回復できます。

しかし、膨張し続ける医療費において、歯科は財源が限られておりますので新たな治療の導入を喜んでばかりはいられません。
従来からの技術が「包括」という名のもと削減されてしますのです。

国は、「今までは、毎月100円お小遣いをあげていたけど、今回新たに60円プラスしてあげるね!」。
「だけど、今まであげていた100円は50円にするから...」。
「じゃあ結局合計110円だわ!10円しか増えていない!」こんなイメージです。
しかし、国の苦しい台所事情もありますので、10円でも仕方ありませんね。
新しい技術を適切に応用して、人に役立つようにしなければ、国民の理解は得られませんね。

2018年1月

syo10.jpg
●1月の診療時間のおしらせ
 5日(金) 会務のため 18:00まで
 6日(土) 会務のため 12:00まで
12日(金) 会務のため 18:00まで
13日(土) 会務のため 12:00まで
17日(水) 会務のため 18:00まで
19日(金) 会務のため 午後の診療時間はご確認ください
25日(木) 会務のため 17:00まで
30日(火) 会務のため 17:30まで

●1月のトピック
皆様、明けまして、おめでとうございます。
新しい年を迎え、本年も無病息災を願うところです。
昨年は、「50年ぶりの大雪(?)」とのことでしたが、今年は元旦のお参りのときには「雨」が降っておりました。

昨年が大雪だったといっても、ここ数年も含めてあまり記憶にはありません。
少なくとも20数年前は、毎朝6時頃から雪かきをして家の前にうず高く雪を積み上げていたので、今年はその時に比べて1/3くらいでしょうか。

年明け早々に、子どもと市内のスキー場へ行きましたが、雪不足のため幾つかのコースは閉鎖されておりました。
子ども達が私の年代になったころには、もはや市内ではスキーができなくなるかもしれませんね。

札幌にとって、雪が多い方が良いか否かについては何とも言えませんが、皆が満足いくように望みます。
今年も始まったばかりですが、より良い年となることを願うばかりです。

さて、われわれ歯科医が日頃から仕事をするうえで最も関わりの深い「医療保険」ですが、今年が改定の年です。
ご存じのように、患者さんに治療行為を行った場合に、内容に応じて報酬を請求するときに使うもので、一つ一つが「保険点数」として決められています。

例えば、「歯を削って、治療したら〇点」「歯を抜いたら〇点」などといった具合です。
これは医科や調剤でも同じような仕組みになっています。
歯科の場合は「入れ歯」や、いわゆる「さし歯や銀歯」と言われている補綴物を装着する治療も少なくありませんが材料となる金属が高騰しており、「保険治療」に限って言えば経営的に明るい話題は乏しい感じです。

ところが、昨年12月に突如保険に追加された「CAD/CAM(キャドキャム冠)」というものに少しばかり希望の光が見えた感じがしました。
これは従来から小臼歯と一部の症例には使えましたが、今回は下あごの6番目の奥歯に限って使えるように追加されました。
今まで、「保険」では銀歯しか入れられなかった大臼歯にも応用できることになり、症例としては限られますが画期的なことだと思います。

今後、歯科医師一人一人の心構え次第では、明るい未来がまっているかもしれませんね。

12月

xmas_012.jpg
●12月の診療時間のおしらせ
※12月9日(土) 札幌歯科医師会館で10:00〜17:30
歯科衛生士リカバリーセミナーを開催します!
(短時間ですが、私も講師をやります!)

 1日(金) 会務のため 17:30まで
 5日(火) 会務のため 17:30まで
 8日(金) 会務のため 18:00まで
 9日(土) 会務のため 休 診
14日(木) 会務のため 18:00まで
15日(金) 会務のため 午後の診療時間はご確認ください
20日(水) 会務のため 17:00まで
27日(水) 会務のため 18:00まで

12月28日(木)は午前中まで診療いたします。
午後から1月4日(木)までは休診いたします。
1月5日(金)より診療いたします。

●12月のトピック
皆様、こんにちは。
いよいよ今年も、残すところ1カ月となってしまいました。
今年は、皆様にとってどのような年でしたでしょうか?
私は、だんだん自分の体力に自信がなくなってきました。
しかし、家族のためにはもう少し頑張らねばなりません。

さて、先月に歯科医師会の会議で、さいたま市へ行ってきました。
この会議は全国の政令指定都市のいくつかの歯科医師会が集まり、歯科界で起きている問題などについて意見交換をするというものです。
会議自体は、各都市持ち回りで開催されるため、北は札幌市から南は熊本市まで13の歯科医師会が参加して行われます。
昨年までは14の都市にオブザーバーの都市を含めて開催されていましたが、今回は13の都市とオブザーバー1都市で開催されました。

恥ずかしながら、本州へ行く度にその発展度合いに驚かされます。
さいたま市へは偶然今年の3月に私用で行きましたが、とにかく暖かかったです。
復路は各自自由でしたので、自分にとっては楽しみでしたし、久々に自由を満喫しました。

私は、特に親しい知人もいないため、妻の実家のお墓参りをして帰りました。
実は、ウチの妻はもちろんですが、子供たちも皆妻の実家のお墓参りをしたことがあり、行ったことが無いのは私だけでした。
今回は、私1人だけでしたので、お墓参りの後、妻の実家へ立ち寄り「証拠写真」を撮影して帰りましたが、3年ぶりくらいに行ったのに、
つい先日訪れたような不思議な感覚でした。
住宅地なのであまり景色は変わりませんでしたし、よく行った商店街で買い物をして帰りました。

帰りがけに、母校の歯科大学へ寄ってみたかったのですが、時間の関係でかないませんでしたが、日頃からグーグルマップで確認済なので、
あえて行かなくてもよかったと自分を納得させました。

私の母校は現在東京へ回帰したため、山の手線の内側へ移ってしまいましたが、私にとっては何の感慨もありません。
やはり田舎(現在は発展して田舎ではなくなりました)の校舎が思い入れ深いものがあります。

こうして、たまに息抜きしながら来年も頑張って行きたいと思います。
それでは皆様、来年も健康でお過ごしください。(ただし、歯の定期検診をお勧めいたします)

11月

4.jpg
●11月の診療時間のおしらせ
 7日(火) 会務のため 18:00まで
 8日(木) 会務のため 午後の診療は15:00から
 9日(金) 会務のため 18:00まで
11日(土) 会務のため 休 診
15日(月) 会務のため 18:00まで
16日(水) 会務のため 17:30まで
17日(金) 会務のため 午後の診療時間はご確認ください
21日(火) 会務のため 午後の診療は15:00から
22日(水) 会務のため 17:00まで

●11月のトピック
皆様、こんにちは。
いよいよ冬の到来を感じさせる季節になりました。
自動車のタイヤも「冬用タイヤ」に装着し、準備万端といったところです。
秋から冬にかけて、週末は会務や講習会、家の雑用などがあり、なかなか「ゴロゴロ」できずうっ憤が溜まっていたせいか、
久しぶりに「片頭痛三昧」となってしまいました。
もともと「頭痛持ち」であり、朝の体操などで体調を保っておりましたが、先週あたりからサボってしまいひどい目にあいました。

先月は、予期していなかった選挙もあり、いろいろ気を遣うこともありましたが、何とか無事に終了して良かったと思います。
どこの政党が良いとか悪いとかの話は別にして、「オール・ジャパン」で頑張ってもらいたいところですが、そういう訳にはいかないのでしょうね。

選挙戦が白熱しだしたころ、テレビ局のなどのマスコミ、ネットでのいわゆる口コミが本来の政治と関係ない部分を取り上げていることがあり、少し残念に思いました。
選挙前、いろいろな理由で政党を脱退した議員たちが街頭演説を行っている際に、一般人からなじられたりする様を放送することに意味があるのか疑問です。

落選した議員も、今回の事を糧に頑張ってもらいたいものです。
落選した議員の中には、一流大学や企業で研鑽を積んできた人もたくさんいます。
「一流(と呼ばれる)大学 = 良い人」ということではありませんが、万人が容易くできないことを成し遂げることは、称賛に価する素晴らしい努力だと思います。
再選とはいかなくても、またいつかそういった人たちの力が、世の中のために役立つよう願っております。

また、我々歯科医も「世間からの厳しい目」を意識しながら、努力していきたいと思います。

10月

6 (1).jpg
●10月の診療時間のおしらせ
 3日(火) 会務のため 18:00まで
 5日(木) 会務のため 18:00まで
 6日(金) 会務のため 17:00まで
12日(木) 会務のため 17:30まで
16日(月) 会務のため 18:00まで
18日(水) 会務のため 18:00まで
20日(金) 会務のため 午後の診療時間はご確認ください
24日(火) 会務のため 17:00まで
25日(水) 会務のため 17:30まで
26日(木) 会務のため 14:00より診療(※午前休診)
28日(土) 会務のため 12:00まで
31日(火) 会務のため 18:00まで

●10月のトピック
皆様、こんにちは。いよいよ秋から、気がつくと冬になってしまいそうな肌寒さを感じますね。
本州では、日中はまだ25度以上になることもありますが、札幌ではいよいよ最低気温がひとケタになってしまいました。

最近は不景気なのか、やたらとセールスの電話であったり、飛び込みでセールスの方が来られたりします。
定番は、マンション販売、インターネット・プロバイダ契約変更、Wi-Fiルータ設置などですが、電話代や電気料金などといった公共料金値下げなどもありこれは詐欺なのかと思えたりもします。

公然と「〇〇電力です」や電話会社の代理店などと言って電話してきますが、本当にこの時代においては、「警察です」と言われても疑ってしまいますね。
こうした電話によるセールスは正直迷惑ではありますが、自分の子どもくらいの方が朝から晩まで電話をかけ続けていると考えると、複雑な思いです。

私の知り合いで、毎年必ず家族と海外旅行へ行き、マイカーも車検をしたことが無い(つまり車検が来る前に買い替える)という人もいますが、一方ではたいした休日もなく、朝から晩まで働く人もいるわけで、国民の間で「極端な差」が生じると本当にこの国の未来について不安になります。

今回、突然選挙が行われることが決定しましたが、何のための選挙なのかよくわかりません。
首相自身の進退に関わることなのか、支持率の低下によるものなのかわかりませんが、我が国の未来を託せるような人が現れるといいと思います。

選挙というと、私たちの職業では「連盟」という組織があります。
かなり前になりますが、首相に対する政治献金事件で問題になり、最近では国会議員への迂回献金事件で再び注目されています。

私が歯科医師会へ入会したころには、歯科医師会と歯科医師連盟への同時加入がほぼ強制的に行われていましたが、現在は自由に選べます。
マスコミの報道から、「連盟」=「悪の集団」のように感じるかもしれませんが、もちろん犯罪組織ではありません。

我々だけではなく、農家の方、漁師の方、建築関係の方など皆自分の生活が良くなることを願っていますが、自分の努力だけでは叶わない部分もあり、「議員さんにお願いする」となる訳で、こういった組織はどこの職域団体にも存在すると思います。

現在、歯科医師で国会議員になられている方は6名おりますが、我々だけではなく、国民のためにも頑張っていただきたいものです。
世の中全体が潤わなければ、良い社会はできませんから。

9月

4147056145_2afb2d969c_o.jpg
●9月の診療時間のおしらせ
 5日(火) 会務のため 午後の診療時間はご確認ください
 6日(水) 会務のため 17:30まで
14日(木) 会務のため 18:00まで
15日(金) 会務のため 午後の診療時間はご確認ください
19日(火) 会務のため 18:00まで
21日(木) 会務のため 17:00まで
28日(木) 会務のため 18:00まで

●9月のトピック
皆様、こんにちは。
いよいよ夏が終わりに近づき、夕方はめっきりと肌寒さが漂うようになりました。
急な気温の低下で、体調を悪くさせないようにお気をつけください。

秋が近づいてくると、何か妙に感傷的になることがありますが、学生の時のことを思い出したりします。
私が関東地方に住んでいたのは12年ほどですが、たまに、自分の住んでいた地域のことを思い浮かべたりします。
最近は、グーグルマップで日本各地のいろいろな状況を垣間見ることができますので、かえって興ざめしてしまいます。

当時私の住んでいた場所は、東京湾に面した埋め立て地で開発途上でした。
私が学生の頃はまだ国鉄でしたが、東京へは直通せず西船橋止まりで地下鉄東西線へ接続していました。
地下鉄が地上の長い距離を走っているのも驚きましたが、快速があることも驚きました。

格好つけて飲んでいた1本5、000~6、000円するウィスキーなど、今ならスーパーで1、200円ほどで売っています。
私などは特に田舎丸出しでしたので、渋谷や六本木の小洒落たお店にジーパンなどで行ったこともあり、いま思うと恥ずかしいですね。

待ち合わせ場所の「渋谷109」を「あぁ、渋谷のトーキュ?」などとも言っておりました。

そのころ、私が住んでいた場所は、東京駅から総武線快速で40分ほどの海沿いの場所でしたが、埋め立て地なので札幌と同じように広い通りが直線的に海へと伸びていました。
たまに講義をサボって、1日じゅう海岸で寝ていたこともありました。

そのころ、アパートや大学の側には歯科医院がほとんどなく、ここで開業したらうまくいくかなどと考えたものでした。
しかし、先ほどのグーグルマップで見てみると、ここにも、あそこにも、あっちにも歯科医院であふれています。

先日、会議の後の懇親会でとある先生と話していて、「歯医者がコンビニの2倍などと言われているが、アメリカに比べれば足りないくらいだよ」という話を聞きました。
確かにOECDの中でのデータで、人口1、000人あたりの歯科医師数では、アメリカ(1.53)、カナダ(1.18)、オーストラリア(1.04)に比べて、日本の(0.74)は中間値とは言えますが、だからと言って我が国の歯科医師を増やすのには賛成できませんね。

一番大きな理由は、歯科医師数云々というより、受診率が低すぎるということです。
歯が痛くなくても、予防のための受診が定着すれば、足りないくらいでしょう。

しかし、マスコミなどはこぞって歯科医を悪者扱いしている気がします。
負のイメージが先行していますが、困っている人の役に立つこともあるので、そのあたりも理解されるといいですね。

8月

iryo.jpg
●8月の診療時間のおしらせ
 1日(火) 会務のため 18:00まで
 3日(木) 会務のため 16:30まで
10日(木) 会務のため 18:00まで
14日(月) お盆休みのため休診
15日(火) お盆休みのため休診
16日(水) 会務のため 18:00まで
18日(金) 会務のため 12:00まで
24日(木) 会務のため 17:00まで
29日(火) 会務のため 18:00まで

●8月のトピック
皆様、こんにちは。
今年の夏は、熱くなりそうな気配を感じますが、そう書くと急に涼しくなって、秋の気配を感じそうです。
まずはこの時期、熱中症にお気を付けください。

先日厚労省HPに、昨年(平成26年度)の国民医療費が40兆8071億円との内容が記載されておりました。
私たちの関心事である歯科医療費は、2兆7900億円でした。
診療種別では医科・医療費は全体の71.7%、歯科・医療費は同6.8%、薬局調剤・医療費17.9%でした。

調剤の伸びは目を見張るものがありますが、新しい薬が保険収載されるなどした結果と思われます。
なかでも、C型肝炎治療薬などは非常に高価で、一時期「ニセ物」が出回ったほどです。

私が学生の頃は、まだ「C型肝炎」という病名は広く知られてはおらず、
「非A非B肝炎(A型でもB型でもない肝炎という意味)」と言われておりました。
そんな時代ですから、当然効果的な治療薬も乏しく、「インターフェロン」や「丸山ワクチン」などといった薬の名前が浮かびます。
(丸山ワクチンは肝炎治療薬ではありませんが)

その頃は、「非A非B肝炎」になったらかなり追い込まれて、選択肢もわずかでしたので、今日の新薬は画期的と思います。
たとえ、1か月分の薬代が160万円であっても、十分な効果があり命を救えるとなるとやむを得ない出費と考えざるをえませんね。

私たちの歯科医療費についてですが、他科に比べて「新技術」や「新病名」に乏しく、医療費に反映されづらいのです。
しかし、国民にとっては安く済むので良いのかもしれませんね。

話は少し変わりますが、私は子供の頃大の鉄道好きでした。
小学校の高学年ぐらいには、休みの日に友達と列車に乗って近郊へ出かけたりしておりました。
その大好きだった「国鉄」が赤字のため分割民営化され「JR」となってから今年で30年だそうです。

私が学生の頃、まさに「天文学的赤字」とされた国鉄の赤字の額は「37兆円」ほどといわれておりましたが、
現在の医療費は毎年40兆円ですから、いかに膨大な支出かがわかります。

そのことを肝に銘じながら、日々の診療にあたりたいと考えております。

7月

bora_bora_village_on_the_water3.jpg
●7月の診療時間のおしらせ
 4日(火) 会務のため 18:00まで
10日(月) 会務のため 18:00まで
13日(木) 会務のため 18:00まで
19日(水) 会務のため 18:00まで
21日(金) 会務のため 12:00まで
24日(月) 会務のため 18:00まで
25日(火) 会務のため 17:00まで

●7月のトピック
皆様、こんにちは。
1年のうち、半分が過ぎこれから先は「日が短くなる」というのは寂しいかぎりです。
暑過ぎるのも嫌ですが、涼しい日が続くのも冴えませんね。

毎年同じことの繰り返しなのですが、今月に入って少し「会務」が減って楽になった気がしますが、気のせいでしょうか?
一時は会議、会議と連日開催されるので気が滅入ったものですが、少し暇になると「何か忘れていないだろうか?」と気になります。

時間的な余裕があれば、生活も充実すると考えがちですが、私の場合はそうでもないようです。
例えば、「この仕事を明日までに仕上げる」となればかなりの努力が必要です。同じ仕事を、「3日後までに仕上げる」、「1週間後までに仕上げる」となると、かなりの余裕が生まれる気がしますが、やはりさぼって期日の前日に取り掛かるので、「明日までに~」と同じ状況になってしまうのです。

小学校の夏休みの宿題などで、始めは素晴らしい計画を立てるのですが、結局終わり間際に慌てて取り掛かるのと同じです。
ということは、小学生のころから全く進歩していないのですね、私は。

ところで、最近テレビなどである国会議員の暴言が連日放送され、始めは面白がって見ておりましたが、だんだん嫌な気持ちになってしまいました。
一度や二度ならず、連日放送する意味があるのか疑問です。
実は私も、怒って子どもに怒鳴りつけたりすることがあります。
さすがに、「生きる価値がない」とか「死ね」などとは言いませんでしたが、テレビの放送を見るたびに恥ずかしくなります。
怒っている時は、自分の思った通りにならない子どもに対する「怒り」が抑えきれず、ヒステリックになったりしました。
ですから、国会議員や学校の先生、警察官や会社の経営者でも同じような場面は多々あるのかもしれません。
誰しも同じ間違いを犯しているのです。
やってしまった事は許されないにしても、連日テレビでさらし者にするのも疑問で、本人が反省すべき問題で必要以上に非難する必要はないと思います。

現在、札幌の歯科医師会会員数は1、400人弱ですが、もちろん色々な歯科医がいます。
トラブルや苦情も寄せられることがありますが、最近は身内である私達・歯科医師会より、保健所などの医療に関係する行政機関、またはマスコミに訴える人も少なくありません。

トラブルの内容から見て、許しがたいものもありますが、ちょっとした説明不足から誤解が生じた場合も少なくはありません。
北海道で起きた事例に限らず、新聞沙汰になるような事を「対岸の火事」と考えず、気を付けたいと考えております。

6月

to.gif
●6月の診療時間のおしらせ
※3日(土)さっぽろ歯っぴぃらんど2017 inサッポロファクトリーに出向します。 ぜひ、いらしてください!

 1日(木) 会務のため 18:00まで
 2日(金) 会務のため 18:00まで
 3日(土) 会務のため 休 診
 6日(火) 会務のため 18:00まで
 8日(木) 会務のため 18:00まで
14日(木) 会務のため 18:00まで
19日(月) 会務のため 18:00まで
22日(木) 会務のため 17:00まで
29日(金) 会務のため 17:00まで
30日(金) 会務のため 18:00まで

●6月のトピック
皆様、こんにちは。1年の折り返しの月ですね。
今年もいろいろありましたが、病気やけがに見舞われることもなく無事過ごせたことに感謝したいですね。
ただ一点、「体重増加」を除けばここまでは良かったです。

最近ブーム(死語ですね)なのか、雑誌やテレビなどで「ダイエット」について盛んに取り上げられている感じがします。
私も、体重の増加を意識しつつ「齢(トシ)だからしかたないよね~ぇ」という感じで自分を甘やかしてきましたが、病気にならないためにも体調管理は必要です。

私の知り合で、ダイエットに成功した人がいたので話を聞いたところ、現在糖尿病で通院しており、そのため減量に取り組んだそうです。
なんでも、糖尿病専門医は「怖い先生(医師)が多い」とのことで、食事にはかなり気を遣っているそうです。
また、体験のなかで「●●●という良い薬があり、糖尿病も改善するし、痩せるらしい」という話を聞き、「痩せられるのなら、私も飲んでみたい」と思ってしまいました。

しかしながら、私は糖尿病ではないのでこの薬を手に入れることはできませんが、ネットで調べるとやはり弊害が全くないわけではありませんでした。
薬なので仕方ないですが、注意が必要な場合もあります。

ところで、日頃私たち歯科医が治療を行ううえで、気を付けることがたくさんあります。
イメージ的には、高血圧や狭心症など循環器系の疾患に気を付けることが多いように思われますが、実は「糖尿病」も注意すべき重要な疾患の一つです。
殊に、「糖尿病は歯周病を悪化させる」し、「歯周病は糖尿病を悪化させる」という悪循環が取りざたされています。

歯科に受診される患者さんの、身体の事を「根掘り葉掘り訊く」ことは躊躇しがちですが、治療上確認させていただきます。
先日も「歯が痛い」と言っていらした方のお口を拝見すると、歯がぐらぐらでしたので「抜いたほうが良いと思います」と、ご説明しましたが「現在糖尿病治療中で、HbA1cの値が10以上」とのことでしたので、そちらの治療を優先するようにお話ししました。
もちろん、歯痛については抗生剤の投薬で落ち着きました。

先輩の先生の話ですが、「歯が痛い」と言ってこられた患者さんに「炎症症状が強く、今は抜けない」とお話ししたところ、怒って帰ってしまったそうです。
私が、そういった場合にお話しするのは、「すぐにでもやって差し上げたいのですが、良かれと思ってやったことが仇となってしまう」ということです。

糖尿病も、あまり自覚症状がない場合もありますが、ご本人が考えているより注意が必要なことも少なくありません。
おいしいものを、好きなだけ食べることは幸せなことですが、私も気を付けたいと思います。

5月

さくら.jpg
●5月の診療時間のおしらせ
 2日(火) 会務のため 17:30まで
11日(木) 会務のため 18:00まで
12日(金) 会務のため 18:00まで
17日(金) 会務のため 18:00まで
22日(木) 会務のため 17:30まで
25日(金) 会務のため 17:00まで

●5月のトピック
皆様、こんにちは。
5月といえば、「ゴールデンウィーク」の月ですね。
皆様は、どこかにお出かけされたでしょうか?
今は、5月3日が「憲法記念日」、4日が「みどりの日」、5日が「子どもの日」となっておりますが、以前は4日は祝日ではなかったので、
あまり休日が続いている感じがしませんでした。

国が、休日を多くしようと考えた結果、今のような状態になりましたが、この休日を満喫できるのは一部の人たちです。
休日であっても朝から晩まで、そして24時間どこかで誰かが働いています。

労働人口だけでなく、会議の後の飲み会で遅くなり街中を歩いていると、夜中でも結構若い人が多いことに気づきました。
昔からそうだったのでしょうか?
だんだん、人も「寝なくなってきた」のでしょうか?

私が学生の頃、関東地区ではテレビが24時間放映されており、「やはり、都会は違うな」と感じました。
もちろん、たまに帰省した札幌では深夜1時頃には、テレビ放送は終了していました。

過去との最大の違いは、インターネットが構築されたことでしょう。
それが、世の中にとって良かったのか、悪かったのかはわかりません。
ただ、個人的な考えでは、「夜になって、することがなくなって、寝る」という時代が懐かしく思います。

「睡眠」は言うまでもなく、心身にとって非常に大切です。
1日の身体の疲れを癒すだけではなく、頭の疲れを取り、新しい発想の源となります。
という自分も、深夜にこの文章を作っているのですが。
齢を重ねると、混んでいるとわかっている場所に、のこのこと出かけていくのも億劫になります。
ゴールデンウィークは、久しぶりにゴロゴロと過ごしたいですね。
誰かが働いているときに、休めるのは最大の贅沢ですね。
働いている人に感謝して、寝かせていただきます。

4月

0706295.jpg
●4月の診療時間のおしらせ
 3日(月) 会務のため 18:00まで
 4日(火) 会務のため 18:00まで
 7日(金) 会務のため 18:00まで
13日(木) 会務のため 18:00まで
19日(水) 会務のため 18:00まで
20日(木) 会務のため 17:00まで
17日(金) 会務のため 18:00まで
22日(土) 会務のため 11:00まで
27日(木) 会務のため 18:00まで

●4月のトピック
皆様、こんにちは。
最近、日中は少し気温が上がってきましたが、まだまだ寒い日が続きますね。
さて、4月は入学シーズンですが、私個人は希望した高校の試験に合格できなかったので、厳しい思い出があります。

先日、歯科医師の国家試験(国試)の結果が発表されましたが、こちらも大変厳しい結果となっております。
現役の受験生の年齢は、もはや自分の「子ども」と言ってよいくらいですので、少し悲しい気持ちになります。

自分の子どもも、昨年大学生になりましたが、この春に無事進級してほっとしているところです。
しかし話を聞くと、知り合いで留年してしまった人もいるとのことで、親御さんの気持ちを思うと複雑です。

私が学生の頃は、留年する人は大抵「遊び過ぎて大学に来ない」というレベルでした。
また、国試についても全く心配はしていなかった訳ではありませんが、「大丈夫だろう」と楽観的でした。
一般の大学でも「留年」や「卒業延期」になると大変なのに、我々の場合は「歯科医師免許」を取得して初めて目的が達成されるので、
万が一留年しようものなら、「親不孝者」と言われても仕方がありません。

今、自分の子どもも大学に通い、今後どのような人生を送るかはわかりません。
もし、人生につまづくことがあって辛くなったら、まず私に連絡してほしいと思います。

私も、しっかりした解決策は教えられないかもしれませんが、「逃げ道」くらいは教えられると思います。
「人生、逃げたら負け!壁に突き当たっても、乗り越えて行け!」などとは言えません。
「いかにして逃げるか、壁に突き当たったら、避けて別の道を探す工夫をした方が良い」と言ってしまいそうです。自分もそうして来たので。

私の子どもは、自分とは違った方向に向かって歩き出しましたが、どの方向に進んでも険しい道があるかもしれませんので、
困ったときは相談してほしいいと思います。

3月

yu2.jpg
●3月の診療時間のおしらせ
 3日(金) 会務のため 18:00まで
 6日(月) 会務のため 18:00まで
 7日(火) 会務のため 18:00まで
10日(金) 研修のため 休 診
13日(月) 会務のため 18:00まで
14日(火) 会務のため 18:00まで
15日(水) 会務のため 18:00まで
17日(金) 会務のため 18:00まで
22日(水) 会務のため 14:00~17:00まで病院出向
23日(木) 会務のため 午後休診(病院出向)
29日(水) 会務のため 17:30まで
30日(木) 会務のため 17:30まで

●3月のトピック
皆様、こんにちは。
札幌市内も、やっと「春のこえ」が聞こえてきそうな雰囲気になりました。
昨年の冬が穏やかだっただけに、今年の冬は寒さが非常に堪えました。
降雪量はさほどでもなかったようですが、気温が低いためなかなかとけなかったようですね。

さて、この季節はいろいろな意味で「節目」となることが多いようです。
一般の会社では、年度末の決算に向けて忙しい時期ですね。
私たちも「確定申告」を行う義務がありますので、数日前までは資料の整理に追われていました。

子供たちも、卒業の季節ですね。
我が家でも、毎年同じことを繰り返しているようです。
しかし、こういったことを迎えることがなくなったら、本当に変化のない生活を送るのでしょうね。

最近、自分の子どもを見ていると、「いろいろとストレスがかかるのだな」と思います。
私は大学入試の際も、大して勉強もせずなんとなく入学して遊んでいましたが、中学の勉強や高校の入試問題を見ても我々の頃より難しくなった感じがします。

勉強だけでなく、人間関係についても以前より複雑になった感じがします。
私は、特に「人から怒られる」ことが多かったように自分では感じています。
でも、怒った人もあとから私のところへやってきて、怒った理由や私の至らない点などを話してくれました。

実は社会人になり、「人から怒られることも嫌だけど、人を怒る(注意する)ことはもっと嫌なこと、気を遣うことなのだ」とわかりました。
昔はある程度、怒る人、怒られる人にもお互いにコミュニケーションがとられていたように思います。

これから、自分の子どもがどのような人に巡り合うかはわかりません。
良い人なのか、悪い人なのか。
褒められるのか、怒られるのか。
いずれにしても、健康で楽しい人生を送れるように祈っています。

2月

01.jpg
●2月の診療時間のおしらせ
 3日(金) 会務のため 18:00まで
 6日(月) 会務のため 17:00まで
 9日(木) 会務のため 18:00まで
10日(金) 会務のため 休 診
16日(木) 会務のため 17:30まで
17日(水) 会務のため 午 後 休 診
20日(月) 会務のため 17:30まで
22日(水) 会務のため 17:00まで
24日(水) 会務のため 18:00まで

●2月のトピック
皆様、こんにちは。
札幌市内は、本当にひどい雪に見舞われました。
おまけに、ひどい寒さです。
確かに、私が子供の頃の40年ほど前に比べれば、さほどでもないのかもしれませんが、昨年の同時期に比べて格段の寒さを感じます。

降雪量も、例年に比べて多く感じますが、寒さのため融けないだけかもしれません。
この冬の寒さのため、私自身も体の調子が今一つです。
年齢のせいかと思いますが、新聞などで有名人や著名人の訃報を目にすると、いっそう自分の「老い」を実感します。

今月に入って、どうも「心臓」の調子が(?)だったので、思い切って近所の「大病院」へ行ってきました。
以前、尿管結石で「石」の破砕をしてもらったことがありましたが、その後はすっかり足が遠のいておりました。もっとも、病院に足繁く通うようになったらイヤですが。

久しぶりの受診なので、硬くなってしまいましたが全くの杞憂でした。
職員は皆親切で、会計もいつの間にか「自動支払機」が導入されていて、初診にもかかわらず検査から会計まで1時間強で済んでしまいました。

こういうと失礼ですが、「病院」も患者に気を遣う時代になったのでしょう。
私のように、過去のいろいろなイメージから、大きな病院に通うのに二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。
そういう意味でも、自分は今回受診して良かったと思いました。

さて、私はというと「不整脈」があるとのことで、ホルター心電計をつけて、24時間の心電図を計測しました。
自分では、今の年齢から考えて、もう「人生の半分は過ぎた」と思っておりますが、家族のためにはまだまだ働かなければなりません。
昨年、歯科医のいとこが病気で亡くなりましたが、残されたご家族のご心中は察するに余りあるものでした。

私の場合は、たばこは20年以上前にやめましたし、飲酒も付き合い程度で晩酌もしませんが、いささか「太りぎみ」であります。
肥満はすべての「病」の原因となりますので、注意しなければなりませんね。

しかし、今年も相変わらず「飲み会」が多いです。
先日も、ある先生のお祝い事に呼ばれて飲食した後、別な会務の懇親会で「飲食のはしご」をしてしまいました。「我慢して食べなければよい」というのはもっともな話ですが、「接待ではないし、自腹なので」という貧乏くさい思いもあり、ついつい箸をつけてしまいます。

私の周りので、「ライ●ップ」などで、筋肉質のほれぼれする体になった先生も少なくありませんが、今後の歯科におけるマネージメントでは必要なことなのかもしれません。
誰だって「かっこいい歯医者」に診てもらいたいですよね。

私の場合、痩せたからかっこよくなるとは限りませんが、体のためにもダイエットは必要ですね。
厚労省の患者調査では、私も該当する「高血圧性疾患」は1、010万人いるそうです。
ちなみに、歯周病と齲蝕を合わせると、延べ患者数で516万人と侮れません。
体にも歯にも気を遣ってください。

2017年1月

fuji (2).jpg
●1月の診療時間のおしらせ
 5日(木) 会務のため 18:00まで
 6日(金) 会務のため 18:00まで
11日(水) 会務のため 16:00まで
13日(金) 会務のため 18:00まで
18日(水) 会務のため 18:00まで
26日(木) 会務のため 18:00まで
30日(火) 会務のため 18:00まで

●1月のトピック
皆様、明けまして、おめでとうございます。
いよいよ、新しい年を迎えましたね。
昨年末より、「50年ぶりの大雪」とのことで、我々の生活にも多大な影響が出ておりますが、皆様にとって幸多き年になりますよう、
お祈り申し上げます。
また、自分にとっても「昨年より良い年」になりますよう、祈願しております。

さて、「昨年は自分にとってどのような年だったのか」振り返る間もなく新しい年を迎え、仕事始めとなってしまいましたが、
自分としては「早く暖かくなってほしい」というのが願いです。
雪国に生まれていながら、「雪はもう見たくありません」。
昨年は降雪量が少なかっただけに、今冬の大雪には少々困っているところです。

私は、子どもの頃から「正月」が好きではありませんでした。
友達の家に遊びに行くこともできませんし、今と違って正月から開いているショッピングセンターなどの商業施設はありませんでした。
車も走っていませんし、人も出歩いていませんので「本当に静かな正月」でした。

ただ、昔の方が「正月らしさ」を実感できたと思います。
子どもの頃の「デパートの初売り」が1月4日だったので、たいへん待ち遠しかったですが、
今では元日から開いている施設も珍しくありませんね。
1年じゅう切れ目がありません。コンビニなどは、大みそかだろうと、元日だろうと24時間年中無休です。

そのうち、日本中のあらゆる職業が「サービスの向上」のため、年中無休24時間営業になってしまうかもしれません。

年末に子どもと行った温泉施設では、働いている人に感謝しながら1年の疲れをいやすことができましたので、
今年もまたがんばれそうな気がします。

12月

6 (4).jpg
●12月の診療時間のおしらせ
※12月3日(土) 札幌歯科医師会館で10:00〜17:30
歯科衛生士リカバリーセミナーを開催します!(短時間ですが、私も講師をやります!)

 2日(金) 会務のため 18:00まで
 3日(土) 会務のため 休 診
 5日(月) 会務のため 17:30まで
 6日(火) 会務のため 17:30まで
 7日(水) 会務のため 18:00まで
 8日(木) 会務のため 18:00まで
14日(水) 会務のため 18:00まで
22日(木) 会務のため 18:00まで
28日(月) 午後より休診、1月4日(水)まで休診
※1月5日(木)より診療いたします

●12月のトピック

みなさん、こんにちは。
今年もまた「最終月」を迎えることになりました。
この一年を振り返ってみて、今年はどのような「年」でしたでしょうか?
良いことも、そうでないこともあったでしょう。
出会いがあり、別れがあり、そしてまた出会いがあり、様々な思いがあったことでしょう。

いろいろな望みや希望があるなか、最近は「健康で暮らせること」が一番と思えるようになりました。
私が親しくしていた友人も「がん」で亡くなりましたが、ご家族の心中を察すると、辛いものがあります。
「太く短い人生」でしたが、本人には幸せな人生だったかもしれません。

毎年8月末に定期健康診断があり、今年も受診しましたが、まるで学校の成績のように一喜一憂しておりましたが、長年「心電図の異常」を指摘されていました。
何年か前に循環器科も受診して検査しましたが「特に神経質になるほどではない」などと、歯ぎれの悪い説明でした。
恥ずかしながら、昨年より血圧の薬を飲むようになり今年の検査を受けたところ、心電図の異常は指摘されませんでした。

病院の先生には「血圧の薬を服用することと、心電図の変化は関係ない」と言われましたが「異常あり」より「異常なし」の方が良いに決まっています。
「成績が上がった」気持ちですね。
私の親は、仕事中にいわゆる「脳卒中」で倒れて、その後は大変なことも多かったので、自分の家族に同じような思いをさせたくない思いで、血圧と食事には「ほんの少し」気を遣っております。

最近、受診された患者さんから「お医者さんに歯医者へ行くように言われた」と告げられることが多くなりました。
私も「健診で血圧が高かった」、「血糖値が高かった」という人には「早くお医者さんに診てもらってください!」と言っております。

来年は、「これ以上、飲み薬が増えないように」頑張ります。

11月

0182.jpg
●11月の診療時間のおしらせ
 1日(火) 会務のため 18:00まで
 4日(金) 会務のため 18:00まで
10日(木) 会務のため 18:00まで
16日(水) 会務のため 18:00まで
17日(木) 会務のため 18:00まで
19日(土) 会務のため 12:00まで
21日(月) 会務のため 17:30まで
24日(木) 会務のため 18:00まで
28日(月) 会務のため 18:00まで

●11月のトピック
みなさん、こんにちは。
今年も残すところ、あと2か月となりました。
いよいよ本格的な「冬の到来」です。
つい数日前は、関東地方で「ハロウィーン」などのイベント開催のニュースが伝えられ、仮装した人達が街にあふれている映像が流れていましたが、札幌ではとても寒くて、本州との距離感を感じておりました。

先日、知人のガソリンスタンドでタイヤを交換してもらったときに、「ゲリー・ボーネル」という人の話になりました。
私は全く聞いたことがありませんでしたが、何でも「2016年に(今年だ!)本州から北海道にかけて地震が発生して、それが引き金になって海中から大量のメタンガスが噴出して、海岸沿いは人が住めなくなる。
また、札幌は大きな被害を被る」という予言(?)を唱えている人だそうです。

あと2か月の間に、現実とならなければよいのですが、たぶんならないでしょう。
最近は、あまり聞かなくなりましたが、私が子供の頃はよくこのような「予言」や「予知能力」の類が流行っていました。
今でもはっきりとした記憶にあるもので「ノストラダムスの大予言」があります。
小学生の頃(たぶん私が7~8歳くらいの頃)、非常に流行った(?)話で今で言う「都市伝説」的な発想ですね。もっとも、「都市伝説」という言葉すら、死語になりつつありますが。

当時「1999年は、自分は30数歳かぁ〜」と未来の自分を想像していましたが、しっかり生き残っております(明日以降わかりませんが)。

大抵の「予言」は「良いこと」ではなく、どちらかというと「悪いこと・災い」が多いように感じました。
大地震や大津波、富士山噴火などといったものもありました。

このような話が伝わる時間も、今と昔では格段に違います。
昔もも、世の中でいろいろなことが起きていたと思いますが、今ほど通信手段が発達していませんでしたので、あまり多くの事は伝わっていはいませんでした。
今は、事件、事故、災害、紛争など些細なことまで数々の不幸な出来事が伝わりますので、不安な気持ちにさせられます。

しかし、「予言」から離れて別の事柄に目を向けると、こういった世の中の変遷が必ずしも不運な方向へ向かっているとは限りません。
工業系の技術革新により、人工知能の開発も進んでいます。
「ターミネーター」や「アイ・ロボット」も実現するかもしれません。
医療分野においても、DNA解析などで将来起こりうる病気を予測することができるところまで来ました。

今から15年ほど前に、名古屋大学の上田 実教授に再生医療分野について札幌でご講演いただいたときには、すでに「歯に似た硬組織の再生はできている」とお話されていたので、近い将来は「ひどいむし歯になって治療が難しいから、抜いちゃえ!」となりそうです。

なぜなら、歯を抜いた穴に、新しい歯を詰め直せばよいのですから。
このことが、良いことなのか、悪いことなのかわかりませんが、いずれにしても「歯医者に抜かれる状況」にしないことが大切ですね。
そのためには、お口の清掃などの「定期検診」をお勧めします。

今回のお話は、頭痛がひどく苦しみながら作りましたので、シドロモドロの内容でしたね。

10月

iStock_000015954539XXXLarge.jpg
●10月の診療時間のおしらせ
 4日(火) 会務のため 18:00まで
 7日(金) 会務のため 18:00まで
13日(木) 会務のため 18:00まで
17日(月) 会務のため 18:00まで
18日(火) 会務のため 17:00まで
19日(水) 会務のため 18:00まで
25日(火) 会務のため 17:00まで
26日(水) 会務のため 18:00まで
31日(月) 会務のため 17:30まで

●10月のトピック
みなさん、こんにちは。先月は、「暑い日が続きますが~」という感じでしたが、いよいよ「肌寒くなりましたが~」になりました。
来月は「めっきり寒くなり、初雪も降りましたが~」となりそうですね。

さて、ここのところ「市民向けフォーラム」などに参加する機会が増えましたが、いつも感じるのは、札幌の街もこれからだんだん高齢者が増えてくるのだなぁ~、ということです。

札幌市の現在の人口は196万人弱で、北海道の全人口の36.3%を占めており、このうち70歳以上の人口は333,429名で道内第2位の旭川市の人口とほぼ同数です。
65歳以上の人口156,067名を加えると488,496名となり札幌市の全人口の1/4を占めることになります。

今は、街を歩いていて「高齢者ばかり目につく」という感じはありませんが、実態として4人に1人は高齢者ということになります。
高齢者が増加することとしてはいろいろな要因があげられますが、「平均寿命が高くなった」すなわち「長生きする人が多くなった」ということが大きいといえます。

「長生きする人が増えること」は喜ばしいことではありますが、実際は「どのような健康状態にあるか」が重要です。
最近「健康寿命」(健康でいられる年齢)という言葉を耳にすることがありますが、「平均寿命」(いわゆる寿命ですね)との「差」が注目されています。

例えば、男性の平均寿命を79.55年、健康寿命を70.42年とすると、差し引き9.13年となります。
つまり人生の最後の10年近くは、何らかの病気を患っている可能性が高いということになります。

また、「2013年・国民生活基礎調査(厚労省)」の結果から、65歳以上の高齢者で69.1%、75歳以上で73.5%が何らかの疾患での通院経験があることがわかりました。
当然の事かもしれませんが、高齢になるほど何らかの病気にかかる機会が増えるということです。

さらにこの調査では、男性の場合、高血圧、糖尿病に続いて3番目に「歯の病気」での通院が多く、女性も5番目の通院理由となっています。

90才を過ぎても、お元気にされている方、若いころから病気の方など様々ですが、「健康でいられること」は誰もが望むところでしょう。

私は、常日頃より「体も歯も健康な状態で、人生を全うできれば最高」と考えております。

9月

VPHxxxBT0001KJL.jpg
●9月の診療時間のおしらせ
※22日(木)秋分の日、札幌市医師会館で在宅医療フォーラムが開催されますので、
 ご興味のある方は、足をお運びください。
 2日(金) 歯科健診のため14:00より診療、会務のため 18:00まで
 3日(土) 会務のため 12:00まで
 6日(火) 会務のため 17:30まで
 8日(木) 会務のため 17:30まで
14日(水) 会務のため 18:00まで
16日(金) 会務のため 午後休診
21日(水) 会務のため 17:00まで
23日(金) 会務のため 18:00まで
28日(水) 会務のため 18:00まで
30日(金) 研修のため 18:00まで
●9月のトピック
みなさん、こんにちは。暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
今年は5月頃の予報では「冷夏」とのことでしたが、なかなかの暑さで参っています。
久しぶりに、学生の頃を思い出しました。

私の住んでいたのは、ごく普通のアパートでしたのでエアコンもなく、夏はとても厳しいものでした。
「学生の分際でエアコン!?」いやいや、夜でも熱中症になりますから。
まさにトタン屋根に蓄熱して、夜でも部屋の中は30度近くあるのかと思うくらいです。

私は、どういう訳か一人暮らしが気に入って、夏でも実家(札幌)に帰らず一人でアパートで過ごしていました。
周りの同級生は、皆実家に帰ってしまい私一人しかいません。
アパートの同じ階(といっても3部屋しかありませんが)も私以外は誰もいません。

これといった楽しみもありませんが、ただ熱い中を散歩したり、ゴロゴロしたりしていました。
友達が全くいなかったわけではなく、たまに電話がかかってきて「帰らないの?」などと聞かれましたが、なぜかその当時は「晴天の暑さ」に飢えていました。

長年住んでいた札幌は、1年のうち半分が冬で「どんよりと低い雲」というイメージでしたので、尚更です。
もちろん、夏は北海道も晴れの日が多いですがなぜかアパートにへばりついておりました。
あれから、もう30年が経ってしまいました。
いろいろな思い出もありましたが、夏が来ると必ず思い出す事があり、当時聞いていた曲を聞くと目に浮かんできます。

今、自分の子どもも大学生になり札幌を離れていますが、たまに帰ってくると実家(札幌)がいいようです。
しかし、だんだんいろいろな人との繋がりが広がって、そのうち札幌以外で新しい住まいを見つけるかもしれません。
それはそれで、良いのかなと思います。

自分は、もう今までの倍は生きないだろうと思います。すなわち、人生の半分は過ぎたのかなと思うと、少し寂しさもあります。
だんだんと暗くなりましたが、あの学生の頃のように何も考えず遊んでいたころのことを、少しうらやましく思います。

その頃は、それなりに辛い事や悲しい事もありましたが、都合の良い事しか思い出さないのでしょうね。
この先10年後もきっと、同じものを食べて、同じことを考えて、同じように生きているのかと思うと「まぁ〜、それはそれで幸せだわぁ〜」と思っております。

歯の本数も同じだと良いけど。

8月

image1.JPG
●8月の診療時間のおしらせ
 2日(火) 会務のため 18:00まで
 3日(水) 9:00~13:00、16:30〜19:00診療
      (会務のため 14:00~16:00まで休診)
 5日(金) 会務のため 18:00まで
10日(水) 会務のため 17:30まで
15日(月) お盆休み
17日(水) 会務のため 17:30まで
25日(木) 会務のため 17:00まで

●8月のトピック
みなさん、こんにちは。
まさに「悪夢のような7月」が、やっと終わりました。
「本当に長かった7月、よく頑張った!」本業は、あまり頑張らなかったけど、他(?)は頑張った。
いろいろな人に、いろいろ言われたけれど「右から左へ受け流して」何とか凌ぎました。

さて先日、7月の最後の日曜日に「札幌市民大会・アイスホッケー大会」へ出場しました。
「全日本歯科医師アイスホッケー大会」は、なんだかんだと泣き言を言って辞退しておりましたが、社会人の方は細々と続けておりました。

しかし、こちらもほとんど練習しておらず、まともに走れる訳がありません。
7月に入って、1回ほど氷上練習しましたが、今までの不摂生が祟り準決勝で左手親指を痛めてしまいました。
初めて実感しましたが、親指って大事なのですねぇ~。

そして、先日の決勝(Cプールですけど)、痛くてスティックが振れません。
1対1も外しました。
「トホホ...」でしたが、チームは11対2で勝ちました。
まぐれですが、2点取ったし優勝したので良かったのかな?   大会の結果はここをクリック!

普段は全く意識していなかった「左手親指」も、「使えなくなってから大事さがわかる」のですよ。
「歯」もそうですが、人生でここぞと踏ん張るときに「喰いしばる歯がない!」なんてことのないように、十分ケアしてください。

それと、「超高齢化したウチのチーム」に入部したい「やさしい人」は、ご一報ください。

7月

bora-bora (1).jpg
●7月の診療時間のおしらせ
 1日(金) 会務のため 18:00まで
 4日(月) 会務のため 18:00まで
 5日(火) 会務のため 18:00まで
 6日(水) 会務のため 18:00まで
 8日(金) 歯科健診のため14:00より診療
11日(月) 会務のため 18:00まで
13日(水) 札幌市会議のため午後の診療時間をご確認ください
14日(木) 会務のため 18:00まで
20日(火) 会務のため 18:00まで
22日(金) 会務のため午後の診療時間をご確認ください
25日(月) 会務のため 17:00まで
26日(火) 会務のため 17:30まで
28日(木) 会務のため 18:00まで
29日(金) 会務のため 18:00まで

●7月のトピック
みなさん、こんにちは。
今年もまた、一つ齢(とし)を重ねてしまいましたが、体の衰えを「ひしひし」と、実感する次第です。
このトピックを掲載してから丸6年以上が経過しましたが、その間にも仕事や家庭、そして何よりも自分自身にもいろいろと変化がありました。
ことに、最近は「グチ」が多くなりましたが...。

最近、「グチ」が多くなった理由の一つに、以前にもまして会務が多くなり、働いているのか会議をしているのか、また何の会議なのか本当にわからなくなってしまった事があります。
我々は会議をして生活を支えているわけではないので、自分の時間を削られる事についてはいろいろとストレスもありますが、一生続けるわけではありませんので、任期中は全力で取り組みたいと思います。

私は、平日は仕事の後もあまりテレビを視ることは少ないのですが、これもストレス発散の一つと思っていました。
しかし、最近のテレビ番組では、よくいろいろな方が視聴者へ謝る場面が多いような気がします。
こういった場面を視ると、かえってストレスが溜まります。
政治家などが公金を私的に流用する事は、もちろん謝罪に値すると思いますが、そのことを厳しく追及している議員さん達は、はたして大丈夫なのでしょうか?

「人は所詮、みな大差はない」と、思っています。
なかには、ものすごい「人格者」とか「とてつもない善人」などが存在するのかもしれませんが。
ですから、「つみを憎んで、人を憎まず」ですね。
ただ、これも「罪の重さ」にもよると思います。
「ものすごい凶悪犯を許せるのか?」ということです。

上田秋成の遺作で、「樊膾(はんかい)」という話がありますが、これは伯耆の国(鳥取県・中部)の大蔵(後に樊膾)という極悪人が、罪を悔い改め高僧になったという話です。
この極悪人を改心させたのは、一人の貧相な旅の僧侶でしたが、これから残された人生では「人の心を動かせるような人」に、なりたいですね。

でもやはり「大金持ちになりたい!」ですね。
だから、私は「ただの凡人」で終わってしまうのかもしれません。(煩悩過多)

6月

iStock_000038973906Large.jpg
●6月の診療時間のおしらせ
※6月11日(土)、12日(日)全道歯科医師野球大会が岩見沢で開催されます!

 3日(金) 会務のため 18:00まで
 7日(火) 会務のため 18:00まで
 9日(木) 会務のため 17:00まで
15日(水) 会務のため 18:00まで
17日(金) 歯科検診のため午前中の診療時間をご確認ください
20日(月) 会務のため 18:00まで
21日(火) 会務のため 17:00まで
23日(木) 会務のため 17:00まで
29日(水) 会務のため 17:00まで

●6月のトピック

みなさん、こんにちは。6月は1年の半分というイメージがあります。
やっと暖かくなったのに、今月の「夏至」が終わるともう日が短くなるのは信じられませんね。

「暖かくなった」といっても、今晩(6月1日)は、旭川で雪が降るかもしれないということで、なんとも驚くばかりです。
もっとも、北海道の山では7月でも登山者が凍死することもあるそうで、改めて気候の厳しさを実感します。

例年、この時期に歯科医師会の役員の話をすることがありますが、我々の場合は「7月」が一つの区切りとなっています。
ですから、今の役職の任期も昨年の7月1日から、来年の6月30日までの2年間となっています。

私の場合は、今月で1期(2年)と半分をなんとかやってこれたというところでしょうか。
残り半分を、気を引き締めて取組んで行きたいと思います。
昨年から、今の部署を申し付けられましたが、なかなか要領も分からず未だに苦心しているところです。
前任者は、3期(6年)務め上げたので、1年そこそこの私は周りから見ても頼りないものと目に映っていることと思います。

しかし、誰にでも「初めての時」はあります。
「上手くこなす人」もいれば「要領の悪い人」もいます。
私は、中間位と思っていますがどのような評価がくだされているか恐ろしい気分です。

今年、ウチの子どもが一人暮らしを始めましたが、色々と愚痴が多く苦心しているのかと察せられます。
私も、学生時代に12年ほど関東地方に暮らしておりましたので、子どもには「当時は、楽しかった」と話しておりましたが、逆の立場になって初めて「親の苦労」が身に染みて分かりました。

自分と比較して、ウチの子どもは色々な面で「親孝行」なのか(?)とも思いますが、やはり「ここまで来るのに大変だった~!」。
まだ後に残っているのがいるので、「あと15年は、死ねないな~」

よく人に「お子さんは、跡継ぎされるの?」と聞かれますが、「本人の自由にさせています」と答えています。
私の頃は「自動的」にレールの上を走る列車のように、所定の駅(役)へ達した感じでしたが、今もって「ローカル線」といった感じです。
子どもには、「日本でも世界でもどこでも好きなところで、好きなように暮らしてほしい」という思いです。
ただし、「親をあてにしないで」。

行政への出向で、「要保護支援児童」に関する会議に出席することがあります。
近年、「児童虐待」が増加していることが取り上げられています。
「自分の理想の子ども」に育て上げることは無理な話かもしれません。
思い通りにならないときに、ついつい手を挙げてしまうこともあります。

ウチの子どもも、よく私についてきたと今更ながら思います。
「良い子」の育て方で、「怒らない、褒めて育てる」だけは未だに達成できていません。

5月

38.jpg
●5月の診療時間のおしらせ
※28日さっぽろ歯っぴぃらんど2016 inサッポロファクトリーに出向します。
 是非、いらしてください!

 6日(金) 会務のため  18:00まで
 9日(月) 会務のため  18:00まで
12日(木) 会務のため  18:00まで
13日(金) 会務のため  18:00まで
17日(火) 会務のため  17:00まで
18日(水) 会務のため  17:30まで
19日(木) 会務のため  18:00まで
20日(金) 会務のため  17:30まで
25日(水) 会務のため  17:00まで
26日(木) 会務のため  18:00まで
28日(土) 会務のため  休 診

●5月のトピック
みなさん、こんにちは。
「大分暖かくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか」と、言いたいところですが、
ここにきて急に寒くなり道東では「雪かき」が必要なほどの積雪に見舞われました。

実は、今から50年近く前に私の祖父が亡くなりました。
それは5月6日のことで、よく亡くなった父に「その日は、珍しく雪が降った」といっていたことを記憶しています。
私が子どもの頃に、5月に雪が降ったのはそう記憶にないので、当時も珍しかったのでしょう。
これから、気候は回復して暖かくなると思いますが、お体にお気をつけ下さい。

先月は、九州地方で大変大きな地震があり、多くの人に多大な被害をもたらしました。
今回の震災でも、お子様をなくされた方の無念は、言葉では言い表せないと思います。
一日でも早く復興を遂げられますようお祈りいたします。

東日本大震災や今回の震災など近年の異常気象と合わせて「未来の地球の姿」に不安を感じているのは私だけではないでしょう。

さて、先月は、世間では「新年度」の初めの「月」ということで、いろいろと慌ただしかったと思います。

子どもも成長とともに、新しい学校へ進学したため準備に追われる毎日でした。
受験を経て、希望の学校に入学できた人、できなかった人、もう一年勉強を頑張る人など、人生様々です。
ウチの子どもにもよく話しますが、まさに「人生万事塞翁が馬」なんですよね。

この意味は、「人生のなかで、幸不幸は予測できず、幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、
安易に喜んだり悲しんだりするべきではない」というたとえです。
何もすべてにおいて「悲観的」に考えるとは言いませんが、慎重に生きることも大切ですね。

4月

ho.jpg
●4月の診療時間のおしらせ
※23日サンスターファミリーミュージアムに出向します。
 是非、いらしてください!

 1日(金) 会務のため 18:00まで
 5日(火) 会務のため 18:00まで
11日(月) 会務のため 18:00まで
14日(木) 会務のため 18:00まで
20日(水) 会務のため 18:00まで
21日(木) 会務のため 15:00まで
23日(土) 会務のため 10:30まで
27日(火) 会務のため 17:30まで
28日(木) 会務のため 18:00まで

●4月のトピック
みなさん、こんにちは。
「春」というには、肌寒い日が続いております。お体にお気をつけ下さい。

さて、最近の話題では「地域包括ケアシステムの構築」、「他職種連携」という言葉が良く聞かれるようになりました。
これは、医療保険を含めた社会保障の分野で国が推し進める政策の一つですが、みなさんご存じでしょうか?

例えば、自分が身体を壊してしまったときに、一つの病院などの医療機関に頼りきりにならずに「地域」の中で、医師、歯科医師、薬剤師、
看護師などが連携して、患者さんを支援していくものです。

その準備として、いろいろな医業職そして地域包括支援センター、ケアマネージャーなどが一堂に会して連携に向けた会議を行っています。
この中には「歯科」も含まれていますが、他の業種に比べると「準備不足」は否めません。

この「地域包括ケアシステムの構築」に向けた取り組みの中では、歯科に関しては「在宅医療」が中心となりますが、これは「訪問歯科診療」を指します。
一昔前は、いわゆる「往診」はあまり馴染みのないものでしたが、今ではかなりの歯科医療機関も行っていることがわかっています。
私も時々「往診」を行いますが、いろいろと難しいこともあります。
この時に医師から気軽にアドバイスを受けられるようになると、助かることも多いですが、実際はそう上手く事が運ばないことも多いです。

今後は、医師のみならず、
薬剤師、看護師をはじめケアマネージャーや地域包括支援センターなどと緊密に連携が図れるようになることを願っております。

3月

ta.jpg写真をクリックしてご覧下さい。
●3月の診療時間のおしらせ
 1日(火) 会務のため 18:00まで
 3日(木) 会務のため 18:00まで
 4日(金) 会務のため 18:00まで
 7日(月) 会務のため 18:00まで
10日(木) 会務のため 18:00まで
14日(月) 会務のため 18:00まで
15日(火) 会務のため 17:30まで
16日(水) 会務のため 18:00まで
18日(金) 会務のため 18:00まで
22日(火) 診療報酬改定研修会のため 13:00まで
24日(木) 会務のため 18:00まで
29日(火) 会務のため 18:00まで
(ただし、13:30〜15:00までは近隣の病院へ出向)

●3月のトピック
みなさん、こんにちは。
「今年は、本当に雪が少ない「良い年」ですね。」と、言った途端に雪が降ったり冷え込んだりと、まだまだ「冬」が続いております。
私も、恥ずかしながら血圧が高くなってしまい「降圧剤」を服用するようになってしまいましたが、この「寒さ」がこたえるのですよねぇ~。

血圧が高くなるのは、寒さだけが原因ではありません。
自分で言うのもなんですが、いろいろなストレスも関係があると思います。
私の感じるストレスは、「この仕事はこなせるだろうか?」、「失敗しないだろうか?」「恥ずかしい思いをしたくないなぁ〜」などですが、これは明らかにスキル不足からくるものです。

スキルアップすれば良いだけの話ですが、「人前で話をすること」などはなかなか練習できません。
回数を重ねることが重要ですね。
先日、とある研修会でベテランの先生がお話をされた際に若干声が上ずっており、このような方でも緊張(?)するのだから、
自分も上手く行かなくても仕方がないのだと、勝手に納得していました。

あまり力を入れ過ぎないようにしようと思っていても、外部会議の時はそうもいきません。
初めて行政の会議に出席したときは、「大学の物理の講義」に出席するような感覚でした。
言葉の意味も分からず恥ずかしい思いもしました。
最近は、「物理」から「現代文」ぐらいになりましたが、まだまだ勉強が足りませんね。

「あぁ〜、宝くじでも当たって優雅にくらしたいなぁ〜」と、思っておりましたが、なんでも「宝くじに当選する確率」は1/1000万、
ロト6ですら1/610万ということです。
これは、一説には「道を歩いていて、雷に打たれて死亡する」確率と同レベルということですので、お金は手にしても今は死にたくないので、当面あきらめます。

インターネットでWEBページを閲覧していると、「虫歯になる確率」というものを見つけました。
それによると、高校までで虫歯を経験する割合は78.6%(2003年)で、癌で死亡する割合30.1%(2005年)を遥にしのいでいる。

まぁ〜データーが古いので...と、思っていたら、
14歳の虫歯の割合(2015)43.95%、同17歳57.55%なんていうページも見つけてしまった。
当然のことですが、宝くじで1等当選するよりも、虫歯になってしまう確率は500万倍ということでしょうか?

写真の記事をご覧下さい。
やはり虫歯は怖いです。
みなさんも気を付けましょう。

2月

aki.jpg
●2月の診療時間のおしらせ

 2日(火) 会務のため 18:00まで
 4日(木) 会務のため 17:00まで
 5日(金) 会務のため 18:00まで
10日(水) 会務のため 18:00まで
15日(月) 会務のため 18:00まで
16日(火) 会務のため 18:00まで
17日(水) 会務のため 18:00まで
18日(木) 会務のため 18:00まで
25日(木) 会務のため 18:00まで
26日(金) 会務のため 17:30まで

●2月のトピック
みなさん、こんにちは。今年は、本当に雪が少ない「良い年」ですね。
しかし、「雪が少ない」=「良い年」というのは、私の気持ちであって、なかには困っている人もいるのかもしれません。

この冬になってから感じることは、「雪が少ない」ためなのか交通の流れが非常に良いことです。
除雪も例年になく、きめ細やかに行われている感じがしますが、「少雪」がもたらしたことかもしれません。

実は私だけではないと思いますが、昨年札幌市に新しく秋元市長が誕生してから、いろいろな変化を感じています。
ことに、札幌の歯科医師にとってもいくつか喜ばしいことがあります。

札幌市では長年「札幌市歯周病検診事業」という健診事業を行っていますが、これは札幌市在住の40歳、50歳、60歳、70歳の節目の方が、
市内の協力歯科医療機関に受診をして簡単な歯周病に関する検診を500円で受信できるというものです。

もちろん必要があれば、検診と同日に保険診療を受けることができ、かつ「初診料」はかかりませんので、悪い話ではありません。
このように、「節目年齢」の方で、歯科受診を考えている方は「札幌市歯周病検診」を受けられてみてはいかがでしょうか?

他にも札幌市は、今後の時代の流れに合わせて、医師や薬剤師、看護師など他職種の方達との連携を目指すことを目的とした協議会の立ち上げなど、コーディネーターとしての役割も果たしています。

ここまでは、歯科に関する話題でしたが、もちろん歯科だけではなく、あらゆる部分で「変化」が起きているように感じます。
是非、秋元市長には札幌市民のためにますます頑張っていただき、より良いまちづくりを目指してもらいたいと思います。
https://www.city.sapporo.jp/city/mayor/

2016年1月

hatsu.JPG
●1月の診療時間のおしらせ

 5日(火) 会務のため 18:00まで
 8日(金) 会務のため 18:00まで
14日(木) 会務のため 18:00まで
18日(月) 会務のため 16:30まで
20日(水) 会務のため 18:00まで
25日(月) 会務のため 17:00まで
28日(木) 会務のため 18:00まで
29日(金) 会務のため 18:00まで


●1月のトピック

皆様、明けまして、おめでとうございます。
いよいよ、新しい年を迎えましたね。
皆様にとって幸多き年になりますよう、お祈り申し上げます。
また、自分にとっても「昨年より良い年」になりますよう、祈願しております。

平成22年夏頃から始めたこの「トピック」ですが、果して他人の目に触れることはあるのでしょうか?
おそらく、年に数人と思われますが、今年もまたこの「ルーチン作業」を続けて行く予定です。(いつまで続くかわかりませんが)

私にとって昨年は、身体の調子が悪かったり、仕事の失敗などで落ち込むこともありました。
しかし、良いこともありました。
「性格」が影響しているかもしれませんが、「悪いこと」ばかりが思い起され「眠れない日」もありましたが、
冷静に判断すると「±0(プラスマイナス・ゼロ)」といったところでしょう。

最近、同世代の人との会話で「病気になった」「仕事をリタイヤした」「離婚した」など、素直に喜べないような話題が出ることがあります。
しかし当人にとっては、「病気」以外は案外「幸せ」な出来事なのかもしれませんが.....。
こうして、他人の話を聞くと「皆いろいろと悩みがあるのだなぁ〜」と、自分だけではないことに気づくこともあります。

50歳を過ぎ、「人生の折り返し地点」を通過して、「昨年、病気にかからなかった」ことに感謝して、今年もまた1年頑張りたいと思います。

12月

16 (3).jpg
●12月の診療時間のおしらせ
※5日(土) 札幌歯科医師会館で10:00〜17:30
歯科衛生士リカバリーセミナーを開催します!(短時間ですが、私も講師をやります!)
 1日(火) 会務のため 17:30まで
 3日(木) 会務のため 18:00まで
 5日(土) 会務のため 休 診
 9日(水) 会務のため 18:00まで
10日(木) 会務のため 18:00まで
11日(金) 会務のため 17:30まで
16日(水) 会務のため 18:00まで
17日(木) 会務のため 18:00まで
18日(金) 会務のため 午 後 休 診
21日(月) 会務のため 18:00まで
25日(金) 会務のため 18:00まで

●12月のトピック
みなさん、こんにちは。
いよいよ、今年もあと1か月を残すばかりとなりました。
長かったような、短かったような、つきなみですがそんな1年でした。
自分にとっても「大変な年」でしたが、あと30日ほど残されており、今年を振り返るにはまだ早い気もします。

いま思うと、子どもの頃は冬休みに入って12月31日までの間は「楽しみの多い日々」で、年明けから「また1年のスタート」で宿題や勉強のことが頭を過りなんとなく落ち着かない日々を送っていたのかな?

今は「年明け」どころか12月に入っても、「1年の最終月」とか「年末」などというような気分の盛り上がりもありません。
大人になって、「冬休み」がなくなったからなのかもしれません。

また北海道の場合、冬は日本海側特有の「低く厚い雲で覆われるどんよりとした天気」も相まって「なんとなく元気が出ない」気がします。
以前は関東地方に住んでいたので、秋口から春先まで「日差しのある爽やかな天候」も多いのです。
もちろん、「元日」も晴れが多いです。

天気のせいで「気分が冴えない」ということもありますが、今は「1年の節目」をあまり感じなくなりました。
確かに、街を歩けば「年末の雰囲気」を感じますが、スーパーやコンビニは年中無休ですし、元旦から営業しているのが当たり前になった現在では「正月」を感じづらくなった気がします。

私は、仕事が終わってからよく近所のスーパーマーケットへ出かけますが、夜10時過ぎになっても働いている人を見ると、政府の提唱する
「1億総活躍」に疑問を感じます。
働き過ぎでは活躍できませんね。

以前、北海道大学の先生が蟻の巣を観察して「働きアリのうち7割はさぼっており、そのうち1割は全く働いていない」ということを本に記しました。
http://www.athome-academy.jp/archive/biology/0000001082_all.html

今の世の中は「ストレスが充満している」気がします。
昔よく「窓際族」などという言葉がありましたが、今となっては「完全な死語」ですね。
なぜなら「窓際族」に該当する人は皆「リストラ」されるからです。

いつも会社で「何をしているのか、働いているのか、サボっているのか」そのような人を嘲笑気味に指した時代もありましたが、「そんな人」が実は「会社の人間関係を円滑にする人」だったのかもしれません。

自分の子どもには「サボるな!」と厳しく言ってきましたが、「サボることも必要」なんですね。

11月

ma.jpg
●11月の診療時間のおしらせ
3日(火) 「Zoo(ずぅー)っと8020」いい歯の日in円山動物園
      11:00AM〜14:00までイベントをやっています!
 5日(木) 会務のため 18:00まで
 6日(金) 会務のため 18:00まで
 7日(土) 会務のため 12:00まで
12日(木) 会務のため 18:00まで
13日(金) 会務のため 18:00まで
17日(火) 会務のため 18:00まで
18日(水) 会務のため 18:00まで
20日(金) 会務のため 17:00まで
25日(水) 会務のため 17:00まで
26日(木) 会務のため 18:00まで
27日(金) 会務のため 18:00まで
30日(月) 会務のため 17:00まで

●11月のトピック
みなさん、こんにちは。いよいよ、今年もあと2か月を残すばかりとなりました。
10月末には「雪」も降り、なんだか今年は「冬の到来がいつもより早い」きがします。
冬には「冬の良さ」があるのでしょうが、個人的には「北海道の夏」が好きです。
「本州の夏」はあまり好きではありません!

さて、早速「歯」に関連した話ですが、11月3日(火)に札幌円山動物園で札幌市、札幌歯科医師会、株式会社ライオンが協力して、
「お口の健康度チェック」、「歯科相談」などを行います。↓
http://www.city.sapporo.jp/zoo/gyouji/index.html

現在札幌市では、市内に在住の40、50、60、70歳の節目の方に「札幌市歯周病健診」を行っており、 「歯周病や口腔内の他の疾患の早期発見」や「お口の健康維持のためのモチベーションを高める」などの目的で、当院でも対象年齢の方にお勧めをしております。

1回500円の費用がかかりますが、歯周病の簡易検査、現在のお口の状況についてアドバイスが受けられます。もちろん、健診の後で「通常の治療」にも移行できますし、その際は「初診料」がかかりませんので、決して損な話ではありません。(お金の話で恐縮ですが...)

じつは、動物園での今回のイベントの目的の一つに、「札幌市・歯周病健診の大切さを市民の方へ知っていただくこと」があります。
歯周病は、お口の健康を阻害するばかりでなく、全身のあらゆる病気にも関係するといわれるほど注目されており、「なんの症状もない」場合であっても早期に治療することが望ましいと考えられております。

週末は、冷え込みが厳しく外出は厳しいかもしれませんが、ちょうどこのイベントの開催日には回復するそうなので、ご都合がつく方はぜひ奮ってご参加ください。
また、「札幌市歯周病健診」は、この日に限らず「協力医療機関」で行っていますので、札幌歯科医師会のホームページでご確認ください。↓
http://www.sasshi.jp/citizen/fushime/index.html

今回はイベントの「話(はなし)」でしたが、1本でも多くの歯を残していただき、「歯なし(無し)」にならないようにしてください。

10月

da.jpg
「10月の診療時間のおしらせ」
 2日(金) 会務のため 休診
 5日(月) 会務のため 18:00まで
 6日(火) 会務のため 18:00まで
 8日(木) 会務のため 18:00まで
14日(水) 会務のため 18:00まで
15日(木) 会務のため 17:00まで
16日(金) 会務のため 18:00まで
19日(月) 会務のため 18:00まで
22日(木) 会務のため 18:00まで
26日(金) 会務のため 17:00まで
31日(土) 会務のため 12:00まで

みなさん、こんにちは。
いよいよ、1年のうち3/4が終わってしまい、また「長く厳しい冬」へ突入してしまうのでしょうか?
道外にお住まいの方には分からないと思いますが、北海道で「良い」と思われる季節は「6月から9月いっぱいの4か月間」です。

まぁ〜、冬には冬の良さ(?)があると思いますが、個人的には「晴れわたった夏」が良いです。
ウチの子どもは「冬が良い!」とのこと。
「なぜ?」と訊くと、「だって、夏は暑いから」。
「じゃあ〜、寒いのはイヤじゃないの?」
「家は暖かいから」。
それは、朝起きると部屋は暖かいし、雪かきもしなくても良い人の言い分ですよね。

気の早いことに「冬の話」になってしまいましたが、10月の話題に戻しますね。
10月といえば、「秋(?)」ですが、秋にはどのような「思い」をお持ちでしょうか?
「食欲」「寂しさ」あるいは「恋(?)」。
私はなんといっても「食欲」です。
北海道はおいしい食材も豊富で、ついつい食べ過ぎてしまいますね。

そのため、「中年太り」になって、家族に呆れられています。
そこで、身体の健康も考えて、なんと!「ダイエット」に取り組もうとしています。(大丈夫かな?)
これは、先日の健康診断が「厳しい結果」となった事がきっかけでした。

私は、仕事が遅いためあまりテレビを見ることがないのですが、ある日偶然見ていた番組の予告編で「昔の知人(?)」を見つけました。
一瞬だったので「本人」かどうかはわかりませんでしたが、当人だとすると全く変わっていませんでした。
というより美しささえ感じました。
それを見てなぜか「負けていられない!」という気になり、頑張る気が起きました。

しかし、「あれから長い月日が経ったんだなぁ〜」などど思いつつ、果てしない目標に向かって頑張っているつもりです。

健康診断を「無駄!」という人もいますが、身体の状態を簡潔に知る意味では重要です。
折角の「食欲の秋」を堪能するためにも「身体の健康管理」、ことに「歯の健康」にも気をつけてください。

9月

1903863438_fb1e073f3c_o.jpg
●9月の診療時間のおしらせ
 1日(火) 会務のため 18:00まで
 4日(金) 会務のため 17:30まで
10日(木) 会務のため 17:30まで
14日(月) 会務のため 17:30まで
15日(火) 会務のため 18:00まで
19日(土) 会務のため 休診
24日(木) 会務のため 17:00まで
25日(金) 会務のため 休診
30日(水) 会務のため 18:00まで

●9月のトピック
みなさん、こんにちは。
先月の今頃は、「今年の夏は、暑く成らないという予報でしたが、ここ数日は蒸し暑い日が続いています」と書いておりましたね。
今は「肌寒い」です。
あっという間に終わってしまった、「今年の夏」。
なんでも、関東でも比較的過ごしやすいそうで、ニュースでは8月末なのに、東京でカーディガンを羽織る女性が報じられておりました。

朝起きて、まず外に出ると「秋のにおい」がするような気がします。
もう1年のうち2/3が過ぎてしまいました。
そして、「また一つ齢を重ねてしまう」。
先日、何か月振りに練習に出かけてみると、妙に老け込んだ感じがしました。
そういえば、着替えている最中にも話題といえば「病気自慢」が始まってしまったなぁ〜。

周りの人は、「暑い夏はいイヤだ!」というけれど、だんだん日が短く成っていくのも寂しい気持ちです。
心残りなのは、一番年下の子どもだけ何処にも連れて行ってあげられなかったことです。
彼は、「野球少年」なので、これといった休日がありませんでした。
稀にあった休日も、私の仕事の関係でどこにも行けませんでした。

「まぁ〜、それもしかたないのかなぁ」と、なんとなく自分に言い聞かせています。
人生の中で、子どもの頃が一番楽しかったような感じ(幻想?)がしていますが、みなさんはどうでしょうか?

子どもと遊んだりするのも、もう残り僅かなのかなぁ〜。
上の子ども達は、もうあまりついてきません。
おのおの勝手にやっています。
子どもがそばにいると、些細なことで腹が立って怒鳴ってしまうことも度々ありますが、落ち着いて考えると「もう少し優しくしてあげなければ」と思ったりもします。

恥ずかしながら、「子どもと一緒にテレビを見ること」がコミュニケーションの場となったりもします。
そういえば夏定番の「怖い番組」は減ってしまった気がします。
最も今の世の中では、お化けより「生身の人間」の方がはるかに怖いかもしれませんね。

8月

poster.jpg
●8月の診療時間のおしらせ
 4日(火) 会務のため 18:00まで
 7日(金) 会務のため 18:00まで
 8日(土) 会務のため 12:00まで
13日(木) 休 診(お盆休み)
14日(金) 休 診(お盆休み)
15日(土) 休 診(お盆休み)
18日(火) 会務のため 16:00まで
19日(水) 会務のため 18:00まで
20日(木) 会務のため 18:00まで
22日(土) 会務のため 休診
25日(火) 会務のため 17:00まで
27日(木) 会務のため 午前中休診

●8月のトピック
皆様、こんにちは。今年の夏は、「暑く成らない」という予報でしたが、ここ数日は蒸し暑い日が続いています。
北海道でも、30℃を超える日も珍しくなくなりました。

さて、みなさんは「マイナンバー制度」についてご存じでしょうか?
今、政府が普及に向けて検討を繰り返していますが、恥ずかしながら私も詳しいことは知りません。
現在「IT特命委員会」なる組織で繰り返し検討しており、2018年から医療分野において段階的に導入し、2020年からの本格導入を目指すそうです。

政府には、医療界にとってもプラスになるよう検討を重ねてもらいたいと思います。
「医科」では患者様の基本情報だけではなく、医師自身の情報管理にも使う予定とのことです。

どのような形態になるのかわかりませんが、例えば医師が所持している「カード」を使って、医師資格はもちろんのこと、専門科目や所属団体などの個人情報も盛り込まれるそうです(検討中とのことです)。

先日も、「ニセ医師」が数年にわたって診療を行い、報酬を得ていたというニュースを見ましたが、どうもアルバイト先では「医師資格」を十分確認していなかったらしいのです。
架空の話ですが、もしこの「カード」があれば、その場で身分の照会を行う事ができるかもしれません。

もちろん、受診する患者様の情報についても記録され、「いつ、どこで、どういった治療を受けたか」などの基本情報などがあり、「セキュリティー問題」が気になるところです。

学生の頃に自動車の「普通免許」を取得したばかりの頃、実は我々の知らないところで、警察が免許に違反歴などを記録していて、一般人にはわからないが警察官が見るとすぐに「違反常習者がわかってしまう」という「うわさ」がありました。

マイナンバー制度を悪用(?)して「このドクターは保険審査上問題あり」とか「治療ミスが多い」も嫌ですが「年金未納者」、「交通違反者」、あげくに「離婚歴有」など記載されたらたまりませんね。

7月

be.jpg
●7月の診療時間のおしらせ

 1日(水) 会務のため 18:00まで
 2日(木) 会務のため 18:00まで
 6日(月) 会務のため 18:00まで
 7日(火) 会務のため 18:00まで
 9日(木) 会務のため 18:00まで
10日(金) 会務のため 午前中休診、14:00より診療
13日(月) 会務のため 18:00まで
15日(水) 会務のため 18:00まで
16日(木) 会務のため 12:00〜17:00まで休診
18日(土) 会務のため 12:00まで
23日(木) 会務のため 18:00まで
24日(金) 会務のため 18:00まで
29日(水) 会務のため 18:00まで
30日(木) 会務のため 18:00以降の診療についてはご確認ください

●7月のトピック
皆様、こんにちは。今年も、もう半分は過ぎてしまったのですね。
しかし、本州では暑く蒸した日が続いているようですが、札幌は7月だというのに暑くなりませんね。
暑くならないどころか、日も差しません。
何処かの本で読んだ気がしますが、人は日光にあたらない日が続くと、精神的に参ってしまうらしいです。
「夏の日差し」を少し味わいたいですね。

さて、私も歯医者になって25年が経ちましたが、先月大学の同期会が開催されました。
私は、会務と重なったため参加できませんでしたが、同期の先生の教授就任のお祝いも兼ねていたのでした。
なんと5名の先生が、各大学の教授に就任されたのだそうです。
なかには、医科大学の教授に就任された方もおります。(みなさん、優秀ですね!)

人生、いつまでも「勉強」が必要なのだということを改めて感じました。
私はというと、相変わらず「勉強嫌い」ですが、自分の子どもには「勉強、勉強!」と叫んでおります。

私は、今まで「一番勉強したな!」と、感じたのは大学生の頃でした。
それは、やはり「歯科医師国家試験のとき」と、いいたいところですが、実は「登院試験」と呼ばれる病院実習開始前の試験です。
これは、大学5年生の時に行われる試験で、夏前に本試験があり、夏休み明けに再試験があります。

本試験では、大体一学年の半数しか合格せず、残りの学生は再試験を受けなければなりません。
私は「言い訳」がましいのですが、本試験当日「ものすごい体調不良」で、試験どころではありませんでした。
結果は当然「不合格」でした。

このとき、「ショック」というより「なぜアイツに負けたのか!」という「悔しさ」が大きかったのです。
夏休みは、自分で言うのも変ですが「勉強三昧(言い過ぎか?)」でした。

「人に言われて動くくらいなら、初めからそうしている!」自分で本当に「気づいた」とき、自ら行動します。
わかってはいるけど、人(特に、自分の子ども)には言ってしまうのです。
「勉強、勉強!」

「歯ブラシ指導」も同じで、「ちゃんと磨いてください〜!」と、説明しても「関心なし」という患者様もいらっしゃいます。
私やスタッフの力不足?でも、お口の管理ができていないと、いろいろな疾病にかかることもあります。
どうやって、気づいてもらうか「勉強、勉強!」

6

mtp_flow08.png
●6月の診療時間のおしらせ

 1日(月) 会務のため 18:00まで
 5日(木) 会務のため 18:00まで
 6日(土) 会務のため   休 診
11日(木) 会務のため 18:00まで
17日(水) 会務のため 18:00まで
22日(月) 会務のため 17:00まで
25日(水) 会務のため 18:00まで
29日(月) 会務のため 17:00まで

●6月のトピック

皆様、こんにちは。
今年も、5か月が経過していよいよ半分の「折り返し地点」に差し掛かろうとしています。
今まででしたら、漫然と過ごしていたと思いますが、自分にとっては「仕事の任期」の最終月となります。
思えば、「この2年間」は長いようで短いような、いろいろな思いが詰まっています。

そして7月以降も、また引き続き仕事を引き受けることとなりました。
これから2年、どのようになってゆくのか心配でもありますが、「上手くかわしながらやっていきたい」と思います。

実は、今年の3月から札幌歯科医師会・口腔医療センターの「摂食嚥下リハビリテーション」の研修に参加させていただいております。
これは、高齢者や脳疾患などの麻痺、その他の疾患で食事がしづらい方の嚥下(飲み込み方)などの指導を行うことで、
4月より正式に研修医となりました。

毎月、土曜日に来院される摂食嚥下障害の患者様の指導について、カンファレンスを通じて勉強したり、
年に数回大学病院にてVF(嚥下造影)の研修を受けたりします。

この分野の治療については、正直今まで全く見たこともありませんでした。
「歯科医」のイメージは、歯を削ったり、抜いたり、入れ歯を入れる、またインプラントなどの治療などといったものかと思いますが、
全く違った観点から「口腔の疾患」に向き合っていきます。

先日も、大学病院で私自らがVFの被験者となりましたが、「嚥下に問題あり?」と、診断されて少し不安になりました。
しかし、これが患者様の抱える不安であり、自ら体験して少しは理解を深められたのかと思いました。
このような治療を通じて、患者様に口腔の健康維持の一助となれば幸いと感じております。

ところで、6月6日(土)は、「歯の衛生週間」の一環としてサッポロファクトリー・アトリウムを使い、
口腔の健康に関連したイベントを行います。
これは毎年開催されておりますが、今年も歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、関連職員などのタッフが多数参加して、
健診や歯科相談を行っておりますので、ぜひお立ち寄りください。

5

87.jpg
●5月の診療時間のおしらせ

11日(月) 会務のため 18:00まで
14日(木) 会務のため 18:00まで
15日(金) 会務のため 18:00まで
20日(水) 会務のため 18:00まで
21日(木) 会務のため 18:00まで
25日(月) 会務のため 17:00まで
27日(水) 会務のため 18:00まで

●5月のトピック

皆様、こんにちは。
今年のゴールデンウィークは、私の記憶しているなかで一番天候に恵まれた「良い休日」だったように思います。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

今までは、寒さや天候不順で「いま一つ気持ちの盛り上がらない休日」が多かったのですが、今年は気温が低めでしたが、爽やかな休日が続いたように感じました。
もっとも、ウチの子ども達は部活などで忙しくて、家族で外出することもあまりなくなりましたので、以前のように休日の天気を気にすることも少なくなりました。

数年前、ゴールデンウィークを地域別に日にちをずらして設定する案が検討されたように思います。
今年はともかく、例年北海道はこの時期は気温か低く、天候不順で休日を楽しむには早い気がします。
この時は確か「北海道のゴールデンウィーク」は5月末頃予定されていたように思います。

同時に「休日を増やす」ことも検討されたようですが、これについては個人的には賛成しかねます。
休日といってもスーパーなどの小売業は「年中無休」に近く、大部分の人は働いています。

世間では、今回の祝日は最大で「16連休」などといわれていましたが、我々には夢のような話です。
私なんかは、もし「10連休」があっても逆に色々なことが心配になって落ち着かないと思います。

まぁ、一生「セレブ」と呼ばれるような身分にはなれませんね。
しかし、負け惜しみではありませんが、今のところ私を含めた家族が「病気」になっていないのが幸せなのかもしれません。

最近、身体のあちこちが調子の悪い私にとって、「健康こそが最大の幸せ」だと実感しております。
今年は「暑い夏」なのか「冷夏」なのかわかりませんが、お体にお気をつけ下さい。

4月

yuk.jpg
●4月の診療時間のおしらせ

 3日(金) 会務のため 18:00まで
 4日(土) 会務のため 休診致します
 9日(木) 会務のため 18:00まで
13日(月) 会務のため 18:00まで
15日(水) 会務のため 18:00まで
23日(木) 会務のため 18:00まで
24日(金) 会務のため 18:00まで
26日(日)「サンスターいい歯キラメキ・キャンペーン」に出向します
       於 ニトリ文化ホール

●4月のトピック

皆様、こんにちは。
今年は「雪解け」が早く感じられますが、4月になりいっそう「春らしさ」を感じられるようになりましたね。
そして、新社会人や新入生などが、全く新しい環境に飛び込む「第一歩」と、なる日を迎える「月」でもあります。

世の中では、「新しく、変化に満ちた」月なのかもしれません。
一方、私の場合はいわゆる自営業なので、「転勤」することはありません。
「出張」も、ほとんどありません(たまに会務であります)。
ですから、一般の会社員に比べると「変化」の少ない生活であり、それゆえ、あちこちを飛び回っているサラリーマンに憧れたりします。

自分の人生を振り返ってみても、文字通り「レールの上を走る列車」のように、「決まった学校」、「決まった職業」と、いう具合に進んできました。
周りの友人達は、「どの学校にしようか?」、「どんな職業に就くのか?」全く白紙状態でした。
どちらの人生が幸せなのかわかりませんが、今の人生を全うしたいと思います。

しかし、「大学入学」そして「卒業」、「就職」など変化に富んだ昔の生活が懐かしく(羨ましく)思うこともあります。
テレビ番組で紹介されるような、波乱万丈な人生を送り、最後に成功を収めるという事にも憧れはしますが、やはり「楽して、いい思いをしたい」と考えているのは、私だけでしょうか?

さて、個人的なことですが、歯科医師会での仕事も残すところ3か月の任期となりました。
7月からは、「新しい年度」となりスタートしますが、私個人については、全く未定です。また「継続」となるのか、「クビ」なのか・・・。

2年間大変であった仕事も、あと僅かとなりましたが、この仕事を何年にもわたって続けている先生方を尊敬します。
また、「たった2年」ではありますが、「全うできた(残り3か月、できそうな?)」自分に感謝したいと思います。

家でじっとしていれば、この2年間恥もかかず、苦労することもなかったと思いますが、歯科医師会での仕事を通じて一時ではありますが「変化のある生活」を味わうことができました。
「もう1期(2年)、味わってみる?」と聞かれたなら、「・・・」。
しかし、「継続」か「辞任」かどちらになっても、自分にとって最高の人生となるよう祈っております。

3

yuk.jpg
●3月の診療時間のおしらせ

 2日(月) 会務のため 18:00まで
 4日(水) 会務のため 18:30まで
 6日(金) 会務のため 18:00まで
 7日(土) 会務のため 12:00まで
 9日(月) 会務のため 18:00まで
12日(木) 会務のため 18:00まで
16日(月) 会務のため 18:00まで
18日(木) 会務のため 17:30まで
23日(月) 会務のため 18:00まで
26日(木) 会務のため 18:00まで
27日(金) 会務のため 17:00まで
30日(月) 会務のため 18:00まで

●3月のトピック

皆様、こんにちは。3月に入って、やっと「春らしい(?)」と感じられるようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
いろいろな意味で、「1年の区切りの月」ですね。
一般の会社では、年度末となり1年を振り返る月となります。

私達の所属している「歯科医師会」では、一般社団法人に移行後は「7月1日から翌年の6月30日」までが1年の区切りとなります。
そして2年間が任期なので私の場合は、あと4か月ほどを残すのみです。
この2年間は、長いようで短かったというのが実感です。
次期はどうなるのかは未定ですが、まずは残っている仕事をこなしていく次第です。

さて、今年は「選挙」の年ですね。
来月には第18回統一地方選挙が予定されておりますが、ご存じのように北海道知事選挙、札幌市長選挙、道議会議員選挙、札幌市議会議員選挙が行われます。
各候補者は、いろいろな選挙公約を打ち出しており、投票する際には迷いそうですが、「清き一票」を投じてきたいと思います。
札幌のように「大都市」になると、すべての人が満足するような政策を打ち出すのは困難でしょうね。

ところで、この「札幌市」においてはなんと人口順位が横浜市、大阪市、名古屋市に次いで4位という事です。
ただし、東京は統計上「特別区」ということで「各区」ごとの統計順位となるので、純粋には「5位」というべきかもしれません。
私が、子どもの頃社会科で習ったときには確か「9位」だったような気がしています。

札幌市も、今年に入り人口が195万人弱となりましたが、選挙では、「医療」や「介護」の問題を解決してより良い「街づくり」を提案してくれる候補者を選挙で選びたいと思います。
そして、札幌市が今後ますます発展することを望みます。

2月

sen.jpg
●2月の診療時間のおしらせ

 2日(月) 会務のため 18:00まで
 6日(金) 会務のため 18:00まで
 7日(土) 会務のため 12:00まで
12日(金) 会務のため 18:00まで
13日(木) 会務のため 18:00まで
17日(火) 会務のため 18:00まで
19日(木) 会務のため 18:00まで
23日(月) 会務のため 18:00まで
26日(木) 会務のため 18:00まで

●2月のトピック

皆様、こんにちは。お正月の時は、「今年の冬は雪が少なくて良いなぁ〜」と思っておりましたが、やはり毎年「同じ量の雪が降る」のかなと感じております。
しかし、2月も中頃を過ぎると少しずつ「春の兆し」が感じられるようになるのかもしれません。

さて、先月は「センター試験」が開催されて、受験生のいる家庭ではいろいろと気を使われたと思いますが、「インフルエンザの大流行」も今のところ心配するほどではないようですが、これから「2次試験」があるのでまだまだ気が抜けませんね。

2月といえば、私も今から30数年前は大学受験でした。
試験会場が関東でしたので、飛行機で上京して「旅行気分」でした。その時も「何年かぶりの寒波」という事で、試験会場にも雪が積もっておりました。

肝心の試験は「全くできなかった」ような記憶があります。
これは、今となっては「合格」できたので話せますが、「不合格」でしたらシャレになりません。
私は、デキが悪かったせいか、当時の「共通一次試験」は受験したことがありません。
最近は、国公立・私立の大部分の大学が入試の際に「センター試験」を採用しているので、「今の高校生は大変だなぁ〜」と感心というより尊敬しております。

歯科医師国家試験も、年々難しくなっているようです。
私が受験したのは、25年前ですが、真面目に取り組んでいれば「まず大丈夫!」という感じでした。
最近、歯学部のある教授にお話を伺ったところ、かなり難しい状況がわかりました。
ある意味、今年「歯科医師国家試験」に合格した学生(いや先生)は、明らかに私よりは優秀です!
これは、「医師」、「弁護士」、「薬剤師」などにもいえます。

ところで、今回センター試験を受験する現役学生は、平成8年生まれと平成9年の早生まれの人達です。
以前にも紹介しましたが、文部科学省のホームページには「学校保健統計調査」という項目があり誰でも自由に閲覧することができます。

今年の受験生が生まれた平成8年の「12歳の永久歯の虫歯の数」は、一人平均3.51本でした。今年の受験生が12歳になったのは、平成20年頃ですが、この時の「12歳の永久歯の虫歯の数」は、一人平均1.54本でした。

そしてついに昨年(平成26年度)の同じ統計では、一人平均1.00本でした。
これから生まれてくる子ども達が大人になると、私は彼らに「頭のデキ」も「歯の数」も負けてしまうのか...。

2015年1月

hi1.jpg
●1月の診療時間のおしらせ

 8日(木) 会務のため 18:00まで
 9日(金) 会務のため 18:00まで
14日(水) 会務のため 18:00まで
22日(木) 会務のため 18:00まで

●1月のトピック

皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
現在、全国的にインフルエンザが大流行しているようですので、どうぞお気をつけ下さい。

さて、今年の年末年始はいつになく子どもと遊んでおりました。
今までは、概ね体調不良などで寝込んだり、ゴロゴロしたりしていることが多かったのですが、やはり体を動かさないと大抵は太ってしまいますね。

そういえば以前は、お正月に「お餅」をのどに詰まらせてしまうお年寄りのニュースが流れていましたが、最近は見なくなりました。
今、お年寄りが入居する施設に常駐している看護師、介護職員の間でも「摂食・嚥下」の関心が高まってきています。

このような「現場」で働く人たちに対して、「摂食・嚥下」の講習会を開催すると、たちまち満員になってしまう状況です。
これは、全身管理のうえで「口腔の管理」も重要であることが認知されてきたという証(あかし)だと思います。

しかし、残念なことに口腔管理を行う歯科衛生士さんが不足しています。
近年は「歯科」に対するイメージもあまりよくありません。
ごく一部だと思いますが、せっかく「歯科衛生士免許」を取得しても、数年あるいは数か月働くと「異業種」へ転職してしまう人もいると聞きます。

一生懸命働いても、現行の「医療保険制度」ではすべてが補えるわけではありません。
さらに、追い打ちをかけるように「消費税10%」が先送りされて、医療費に充当する予算がいっそう削減されそうな気配さえ感じられます。

もちろん、私個人としても「消費税」は上げないほうが良いと思います。
しかし、現在の日本の状況を鑑みると「致し方ない」のかもしれません。

一年の初めから、暗い話題となってしまいましたが、最近感じるのは「歯科の分野」が注目されてきたことが実感できます。
近年は「歯科医師国家試験」も非常に難しくなり、まさに難関を突破した「精鋭」揃いなので今後も期待できそうですね。

歯科衛生士に続いて、歯科技工士も来春の試験から「国家資格」となります。
歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が力を合わせてより良い歯科医療が提供できることを祈念しております。

札幌歯科医師会では、歯科衛生士と歯科技工士を養成する「札幌歯科学院専門学校」を運営しております。
ご興味のある方は下記アドレスのホームページをご覧ください。
http://www.sasshi.jp/cgi-bin/sds/gakuin/

今年もよろしくお願いします。

12月

fuji (2).jpg
●12月の診療時間のおしらせ

 1日(月) 会務のため 18:00まで
 5日(金) 会務のため 18:00まで
 8日(月) 会務のため 18:00まで
11日(木) 会務のため 18:00まで
12日(金) 会務のため 18:00まで
17日(水) 会務のため 18:00まで
25日(木) 会務のため 18:00まで
29日(月) 午前中のみ診療
29日(月) 午後から1月4日(日)まで休診

●12月のトピック

皆様、こんにちは。
いよいよ一年の最終月となりましたね。
まだひと月ありますので気が早いですが、皆様にとってこの一年はいかがだったでしょうか?

今現在、一か月のうち26日間ほど仕事をしていますが、このうち週末も含めて8〜10日くらいは会務に携わっています。
ですから日頃を振り返ると、どうしても歯科医師会のことも多く思い起されます。

私にとって一番大きな変化は、昨年7月から札幌歯科医師会での仕事に携わるようになった事ですがこの事が良かったのか悪かったのか、一口では表現できませんが、いよいよ来年6月いっぱいで任期が終了します。
来年また歯科医師会での仕事に携わることができるかはわかりませんが、あと半年残された任期中、頑張っていきたいと思います。

先日、ある講習会で同級生に再開しました。
私は、学生時代からあまり社交的な方ではありませんでしたので、あまり顔も広くはありませんでしたが、再開した同級生はというと、日本歯科医師会の委員として来札しており、他にもいろいろな組織でご活躍中であり、私にも気軽に話しかけていただきました。

昨年の九州での会合でも、同級生や同窓生に会うことができて非常に有意義なひと時を過ごすことができました。
以前の自分であれば、家族を中心に仕事関係などごく一部の人との交流にとどまっていましたが、いろいろな人とお会いする機会が増えたことが一番良かったことです。
大げさにいう訳ではありませんが、「今まで知らなかった世界」にごく一部ではありますが、覗くことができたと思っております。

さて、少し気が早いですが、あと一か月ほどで新年を迎えますね。
政治の世界が混沌としていて、世の中にあまり明るい話題がありませんが、残り少ない2014年と、新しい2015年が皆様にとって良い年でありますようお祈りいたします。

11月

48605933_th.jpg
●11月の診療時間のおしらせ

 6日(木) 会務のため 18:00まで
 7日(金) 会務のため 18:00まで
 8日(土) 会務のため 11:30まで
15日(水) 会務のため 18:00まで
13日(木) 会務のため 18:00まで
15日(土) 会務のため 12:00まで
17日(月) 会務のため 18:00まで
19日(水) 会務のため 18:00まで
27日(木) 会務のため 18:00まで
28日(金) 会務のため 18:00まで

●11月のトピック

みなさま、こんにちは。11月に入って急に寒くなり、いよいよこれから半年間「長い冬」に突入ですね。北海道の冬の始まりは、いつも突然やってきます。
さむくなったなぁ〜と、思ったら雪が降り出して急に寒くなります。

11月8日は「いいは(いい歯)」と読んで「いい歯の日」のイベントが札幌円山動物園で開催されます。
「歯科相談」「歯科健診」が受けられます。動物園にいらしたら、ぜひお立ち寄りください。
ただ、この寒さのなか動物園へ足を運ぶ人がいるのだろうか.....。

最近、日本のある企業が我が国と、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、イギリス、スウェーデンの6力国の20~69歳の男女を対象に、インターネット上でアンケート調査を行った結果、日本は「歯周病」という一言葉の認知率が高い一方で、「歯のケアには時間やお金をかけたくない」と考えている人の割合も高いという結果が出たそうです。

アンケートによると、「歯周病を知っているか」との問いに、知っていると回答したのは、日本が98%と6か国中でトップでしたが、「歯のケアに時間とお金をかけたくない」とする回答が日本30%、アメリカ22%、オーストラリア22%などという結果だったそうです。

インターネット上のことであり、一部の人の意識調査ということで正確性には欠けるかもしれませんが、「全く参考にならない」というものでもないと思います。

ところで、最近いろいろなホームページを見ていて感じたことがあります。
それは、動物病院で「歯科・口腔外科」を標榜している施設が多くなったことです。
「人間の歯科医が多いこと」は知られていますが、動物の世界でも同じことが起こっているのですね。

ただこれは、今までは関心が無かった「動物の口腔ケア」の意識改革という意味では歓迎されます。
ウマやイヌなど身近な動物は、人間より歯の数が多いですが、食べ物がヒトに近似してきた現在では、「虫歯」や「歯周病」も増えてきたと聞きます。

皆様も、ぜひ「いい歯の日」には円山動物園で動物と一緒に「歯の健康」について考えてみませんか?

10月

megane.jpg
●10月の診療時間のおしらせ

10月 3日(金) 会務のため 18:00まで
    4日(土) 会務のため 12:00まで
    6日(月) 会務のため 18:00まで
    9日(木) 会務のため 18:00まで
   15日(水) 会務のため 18:00まで
   20日(月) 会務のため 18:00まで
   23日(木) 会務のため 18:00まで
   27日(月) 保健所・医療安全講習会のため18:00まで

●10月のトピック

みなさま、こんにちは。10月に入って、「今年も残すところ.....」となるのは、まだ気が早いですね。
とはいうものの、来月に入ると「初雪」も見られいっそう「冬の実感」が、湧き上がってくるのでしょうね。

実は先月(9月)、生まれて初めて「メガネ」を買ってしまった。
今まで50年近く生きてきて、「眼」の不自由だけは経験したことがなかったのに...。
毎年行っている健康診断でも、眼だけは全く問題なく「身体で唯一健康な部位」であった。
しかしながら、「単なる老眼」なので視力は今でも両眼1.5、1.2と全く問題ないのですが、近くのものが見えづらいのには困ったものです。

昨年、歯科ユニット(診療チェア)を新しくしたところ、LEDライトが格段に明るくて、メーカーの営業マンに「眩しすぎて、かえって見えづらい」といってしまったが、悪いのは機械じゃなくて私の眼だったようです。
もちろん今は、老眼鏡のおかげで細かい作業もバッチリです。

現在、私の診療室に来られる患者様は、どちらかというと私より年上の方が多いですが、ほとんどの方はいわゆる「有病者」です。
「血圧が高い」、「胸が苦しくなる」、「血糖値が高い」、「膝が痛くて歩けない」などの不自由から、「癌」の治療中の方もたくさんみえます。

大部分の方はお一人で通院しておりますが、なかにはご家族などに付き添われて来院されます。
このような方達は、身体の不自由は我慢できても、「食べられないこと」を我慢することに大きな苦痛を感じているようです。
入れ歯の調整をしていても、痛みなどで上手く噛めないときには怒鳴られることもあります。
歯医者にとって「痛みをとること」は至上命令であり、妥協は許されません。

入れ歯だけでなく、歯ぐきの炎症などでなかなか痛みがとれないときには、ご本人(患者様)も大変ですが、歯医者の胸も痛んでいるはずです。
しかし、最近は「人の意識」も変化してきて、歯科だけではなく医科では患者様から暴力を受けることも多いようです。

学生の頃から言われてきましたが、「患者」は「心」に「串」が刺さった「者」、すなわち、「病気」によって「心」も「痛(いた)んでいる」。
これは「精神的におかしくなっている」という意味ではなく、痛みや苦しみからついつい心にもない言動が表れてしまうという事です。

自分の技術不足を反省しますが、たまに「きつい一言」もあり、正に「寸鉄人を殺す」です。
最近、この一言で胸が痛くなるのはじつは血圧が高かったせいかな?
自分の技術を磨きつつ、身体にも注意したいと思います。

9月

iStock_000018048301Large.jpg
●9月の診療時間のおしらせ
 4日(木) 社保研修のため 18:00まで
 5日(水) 会務のため 18:00まで
 6日(土) 会務のため 12:00まで
 7日(日) 支部対抗野球大会!
 8日(月) 会務のため 18:00まで
 9日(火) 会務のため 18:00まで
11日(木) 会務のため 18:00まで
12日(金) 会務のため 18:00まで
17日(水) 会務のため 18:00まで
20日(土) 会務のため 12:00まで
30日(火) 社保研修のため 18:00まで

●9月のトピック
みなさま、こんにちは。9月に入って、いよいよ「秋の到来」なのか心地良い日が続いていますね。
今年一年を振り返るには早いですが、天候に関しては概ね良好だったのかな?
しかし、これから本番の「冬」を迎えるので気が抜けませんね。

ところで、最近アフリカでウィルス性疾患が大流行している報道が世間を賑わせていますが、「何処か遠い国の出来事」といった感じで見ていましたが、東京で「デング熱」に感染する人が増えてきて、今まで日本に存在しなかった病気も新たに確認されるようになり、海外の流行も他人事ではないなと思うようになりました。

聞くところによりますと、この病気にかかった人は公園などで蚊に刺されたことによって発症したそうで、そうなると北海道ではまず危険はなさそうですが、上京した際などには注意が必要ですね。

何年か前に、ある雑誌を読んでいると今後の人類の脅威となりうるものの一つとして、「未知の微生物」があるそうです。映画のネタになりそうですが、アフリカやアマゾンなどの前人未到の熱帯林の奥地で密かに存在している細菌やウィルスが、ある些細な事をきっかけに世の中で大流行してパニックになるということらしいのです。

私が子どもの頃、「カサンドラクロス」という映画が公開されたのですが、公開前にテレビで放送された解説を見て、怖かった思い出があります。
もっとも、この映画の場合は「病気」よりラストシーンの方がある意味怖いです。
近年、といっても20年前のことですが、「アウトブレイク」という映画が公開されました。
「カサンドラクロス」はさすがに古さを感じさせますが、「アウトブレイク」は今でも十分にリアルです。

そもそも、人類がこの世に誕生してから微生物との関わりは切っても切れないものであり、幾度となく立ち向かってきた歴史があります。
そして、人と人の交流によって世界中に広まっていくのです。
「梅毒」もアメリカが起源で「コロンブス交換」によってヨーロッパに広まったという説もあります。

虫歯の原因となるミュータンス菌(学名:Streptococcus mutans)も、この世に生まれて、最初にお母さんから感染するといわれています。
この菌はほとんどすべての人が持っていますが、生まれてからの「付き合い」なので、「今後とも仲良く」、じゃなかった「上手くコントロールして」虫歯にならないようにしてください。

8月

fuu.jpg
●8月の診療時間のおしらせ
  1日(金) 会務のため 18:00まで
 13日(水) 会務のため 18:00まで
 14日(木) お盆休みのため休診
 15日(金) お盆休みのため休診
 16日(土) お盆休みのため休診
 20日(水) 会務のため 18:00まで
 28日(木) 会務のため 18:00まで

●8月のトピック
みなさま、こんにちは。世の中では「夏休み」の時期ですね。
私の歯科医院も今月は「お盆」にお休みとなりますので、よろしくお願い致します。

夏休みになると、我が家では子どもが「何処かへ連れて行って!」と、うるさくまとわりついてきたものです。
「早くみんな大きくなって(大人になって)、家から出て行ってほしい!」と、いつも人に話していましたが、今年は「受験生」やら「部活組」など家にいないことも多くなりました。
お盆期間も「図書館」、「部活」で皆「暇なし」です。
まぁ〜、一人で遊びに行きます。

ところで、最近よく人に「跡継ぎはどうするの?」と、訊かれますがその都度「子どもが自分で決めるでしょう」と、言うことにしています。
実は私は高校生のころ「歯医者」の道は全く考えていませんでした。
自分としては「これになりたい!」と、いう職業があり親に話してみたところ「無理、無理!」と、一蹴されてしまいました。

私が大学を卒業するころは、首都圏でもまだ「バブルの余韻」があり景気も良かったです。
私の高校時代の同級生の一人は、一浪して名門のK大を卒業しましたが、就職に関しては「解禁日」や「青田刈り」などといった、今考えると信じられないほど「良い時代」でした。

同級生の友人のうち何人かは、首都圏の有名大学を卒業後「銀行員」「電機メーカーの研究室」へ就職し、羨ましく思っておりました。
しかし、私の知る限り、大手銀行へ就職した3名のうち2名は退職して、別の道を歩みました。「風のうわさ」によると、電機メーカーに就職した友人はリストラに掛かったそうですが、その後どうなったかはわかりません。

私がもし30年前のあの時に歯科大学へ入学しなかったら、今どうなっていたのかはわかりませんが、どのような結果になったとしても「希望した職業」に進んでいれば良かったと後悔も少しあります。

先日、ある建築会社の社長さんの話を聞きました。
その会社はわりと大きな工事もこなす「中堅どころ」と、いった感じの会社ですが「子どもには跡継ぎさせたくない」とのことでした。
どんな仕事でも「厳しい時期」があるのでしょう。
ウチの子どもも、自分で「進む道」を決めているようなので、成就するように応援したいと思います。

歯医者の将来像についてですが、ひところは「歯医者の数はコンビニの2倍、いやそれ以上」と、言われて「数の上で厳しい現実」が指摘されておりましたが、厚労省の施設動態調査による平成26年5月現在の歯科診療所数は全国で68,788施設であり、一方コンビニエンスストアーは平成26年3月現在で51,873軒といわれています。

歯医者もコンビニもそして、建築会社もそれぞれに大変ですね。

7月

global-warming.jpeg「地球滅亡の日まで」

●7月の診療時間のおしらせ
7月 4日(金) 会務のため 18:00まで
   7日(月) 会務のため 18:00まで
  10日(木) 会務のため 18:00まで
  14日(月) 会務のため 18:00まで
  16日(水) 会務のため 18:00まで
  18日(金) 会務のため 18:00まで
  24日(木) 会務のため 18:00まで

●7月のトピック
みなさま、こんにちは。
数が月前は「今年は冷夏!」との予想でしたが、6月末から少し気温が上がってきたようでうれしく感じます。

先月は「雨の日」ばかり続いていたので、心なしか元気が出ない気がしていました。
実際、曇りの多い国イギリスの精神保健研究機関の報告によると、毎日日光を浴びない生活をすると無気力や抑うつ感情につながる恐れがあるとのこと。
「地球温暖化」なのだから、「ガンガン太陽が照り付けてほしい」と、願っておりました。

「地球温暖化」というと、「灼熱の日差し」とか「湖や川が枯れあがってしまう」あるいは、「陸地が砂漠になってしまう」というようなイメージがありますが、実際は海水の温度が上昇してしまう訳で、これにより「雨雲の発生」が増加して異常気象つまり「大雨」が起きてしまうことの方が多いようです。
近年、世界各地では「天変地異」といえるような「異常気象」が頻発しています。

ところで、人間の心の片隅にはこの「天変地異」に対する畏(おそ)れがあり、映画でも「地震」や「津波」、「火山の噴火」、などが題材として使われることがありました。
これは「自分たちの力ではどうにも制御できない」という恐ろしさの表れでしょう。
私が子どものころ「日本沈没」というテレビ番組があり、自然による恐怖を植え付けられました。

さて、縁起が悪い話ですが、この「天変地異」によって「地球が滅亡の危機に瀕したら何をするか」などといった問いがよく話題になりますが、みなさまはどうでしょうか?
「思いっきり食べまくる」「寝る」「妄言をはく」まあ、人それぞれにいろいろと「やりたいこと」があると思いますが、なんといっても「地球が滅亡する」訳ですから、「お金」なんかは全く意味をなさなくなるので、大部分の人は「人間の原始的で生理的な欲求」に沿って行動するのでしょうね。
まさか、「仕事」なんていう人はいないでしょうね?
「地球が滅亡する日に仕事をする」とは、私の感覚では信じがたいところです。

しかし以前、歯科医師会関係の雑誌を読んでいたときに、「癌で余命がわずかとなった歯科医」が最後の力を振り絞って診療している話が載っており、家族からの助言で仕事を辞めるように言われた際に「俺から仕事を取り上げないでほしい」と懇願したくだりは、歯科医というより「社会人の鏡」で、尊敬に値します。
少なくとも、私にはできません!

これは、不謹慎でした。
今後は「生命の灯が消えるまで」仕事に精進する努力をするつもりですので、みなさまも「歯」を大切にしてください。
「地球滅亡の日まで」

6月

802.gif「8020運動」

みなさま、こんにちは。
早いもので、今年も半分近くが経過しました。
今年度(平成25年7月1日から平成26年6月30日まで)私個人的には、歯科医師会の会務に携わるようになって日常生活も変わりました。
大変なことも多くいろいろ失敗も多かったのですが、昨年7月の拝命から数えてやっと1年が経とうとしています。残り1か月を無事に終えるようにしたいと思います。

5月半ばから、本州では「暑い日」が続き「このままでは夏本番が思いやられる」とまで言われていますが、北海道はというとどういう訳か「今年も冷夏?」というくらい涼しいです。
私個人的には暑い方が好きなので、「もう、地球温暖化でも構わないので、暑くなって!」と、願っていたところ5月末の運動会の日には「夏日」となりました。
おかげで、私は「やけど?に近い日焼け」をしてしまい、翌6月1日に開催された「※さっぽろ歯っぴぃらんど2014」では「痛み」をこらえながらお手伝いをしてまいりました。

このイベントは、以前は土曜日に開催されておりましたが、今年は諸般の事情で初めて日曜日の開催となりました。
当日も前日に引き続き「気持ちの良いくらいの青空」が広がっておりましたので、「きっとみんな何処かへ遊びに行ってしまって、来場者は少ないだろう」と勝手な予想をしておりましたが、実際は昨年より多くの方に来ていただき、盛況のうち終了することができました。

私は、8020歯科健診(80歳で20本の歯を維持する運動)と、歯科ドックを担当しておりましたが、こちらに来られた80代の方は皆様「お口の中が素晴らしい状態」で驚かされました。
もちろんこれは日頃より「歯」に関心がある方たちなので、世の中のすべての人が当てはまるわけではないと思いますが、失礼な話ですが健診に来られた方達は身体もしっかりされていたように思います。

「総入れ歯」でも健康な方はいらっしゃいますし、歯があっても病気の方もいらっしゃいますが、「歯の健康」と「身体の健康」が全く無縁とも考えられません。
8020(ハチマル・ニーマル)運動は一般の方にもだいぶ浸透しましたが、80歳といわず、85でも90でも、いつまでも「歯」を大切にしてもらいたいものです。
このようなイベントを通じて、「歯の衛生に関する啓発」の一助となれば幸いです。

「※さっぽろ歯っぴぃらんど2014」は毎年6月に開催される「歯の衛生に関する啓発事業」で、札幌歯科医師会、札幌市、札幌市教育委員会などが主催しており、今年は6月1日にサッポロファクトリーにて開催されました。

●6月の診療時間のおしらせ
 6日(金) 会務のため 18:00まで
12日(木) 会務のため 18:00まで
13日(金) 会務のため 18:00まで
14日(土) 会務のため 休診
18日(水) 会務のため 18:00まで
23日(月) 会務のため 18:00まで
26日(木) 会務のため 18:00まで
27日(金) 会務のため 17:00まで

5月

dm.jpg「DMF指数」

みなさま、こんにちは。
今月はボケっとしていたら、トピックを作るのを忘れていました。
ところで、先月のトピックで病気になった友人の話を載せておりましたが、今月、久しぶりにあった別の友人は「激ヤセ」していて、いろいろと事情を聞いたところ、あらためて「健康の大切さ」を痛感した次第です。

さて、4月から新しい学校に通うようになったお子様も多いと思いますが、ウチの子どもも中学校に入学しました。1か月経ち少しは学校に慣れた頃かと思いますが、この時期には「健康診断」があります。
身長・体重測定、内科健診、歯科健診などがあります。

私の頃は、身長や体重がまるで成績発表のように気になったものです。
「だれより1cm高いとか低いとか」。
それに対して内科健診や視力などはあまり関心がなく、ましてや歯科健診の結果などまるで気に留めませんでした。
子どものころは、内科的に問題があることは少ないと思いますが、「歯」となると別でした。

ところで「DMF(ディー・エム・エフ)指数」というのをご存知でしょうか?
これは「齲蝕(虫歯)経験歯数」を表したもので、D:虫歯の歯、M:虫歯で抜いた歯(あるいは抜けた歯)、F:治療済みの歯のそれぞれについて数字で表します。

今から30年ほど前の私が歯科大生の頃、日本における13〜14歳被験者のDMF指数はなんと7.5(D.E.Barmesより)でした。
つまり、この年代の被験者では、1人につき7.5本が虫歯であったり、治療したり、あるいは抜けてしまっていたのです。

では、現在の日本の中学生におけるDMF指数はというと、1.05!
内訳は、D:0.37、M:0.02、F:1.03と、どれも驚く数字です。
ちなみに、これらの結果は「文部科学省のホームページ・学校保健統計」で閲覧できます。
(http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa05/hoken/1268826.htm)

この結果からは、「8020運動(80歳で20本の歯を残す)」と合わせて国民の歯に対する関心が高まったことがうかがえます。
もちろん「歯科医」の努力も一助となっていると思います。

今、私は恥ずかしながら「歯の痛み」に悩まされています。
虫歯なのか、歯槽膿漏なのか、噛みしめによる顎関節症なのかわかりませんが、なるべくしてなってしまう病気もあるかもしれませんが、
歯科の場合は大部分が未然に防げると思います。
私のようにならないためにも、お口の管理にお気をつけ下さい。

「5月の診療時間のおしらせ」
5月 8日(木) 会務のため 18:00まで
   9日(金) 会務のため 18:00まで
  14日(水) 会務のため 18:00まで
  19日(月) 会務のため 18:00まで
  20日(火) 会務のため 18:00まで
  22日(木) 会務のため 18:00まで
  26日(月) 会務のため 18:00まで
  29日(月) 会務のため 17:00まで
※6月1日(日)さっぽろ歯っぴぃらんど2014(於サッポロファクトリー)に皆様ぜひいらしてください!

4月

ken.jpg「健康一番!」

みなさま、こんにちは。
早いもので、もはや1年のうちの1/4が過ぎました。
実は3月に私の友人から非常に悲しい知らせを受けました。
以前(H22年10月のトピック)紹介しましたが、私の「臍(へそ)ヘルニア」について自身のブログに掲載してくれた関東在住の友人から、病気で入院したという知らせがありました。
(http://gokanben.blog.so-net.ne.jp/archive/20100922)
彼のブログについては「毎日の普通生活。。。」で検索するとわかりますので、よろしければご覧ください。

彼の場合は「全く何の症状もなかった」そうで、偶然「病気」が見つかったそうです。
彼が回復したら、また「豊平峡温泉」でカレーを食べたいものです。
実は、私もつい先日「脳神経外科」を受診しました。
頭痛と手の痺れがあったからですが、検査の結果は「脳に異常なし」とのことで、とりあえず胸を撫でおろしました。
昨年は「心電図異常」のため検査をしましたが、だんだん自分の体もガタがきたのかなと思っております。

私が受診した病院は、最近移転したばかりとのことですが、非常に立派でした。
待ち時間にはさすがに疲れましたが、担当の医師も素人の私にもわかりやすく説明していただき、本当に受診してよかったと思いました。

以前、自分の子供が遊んでいて「股間」を強打して激しく痛がっているので、救急当番の病院に連れて行ったところ、冷たい言葉を浴びせられて残念な思いをしたことがあります。
私の知り合いも腕が痛くて整形外科を受診した際に「腕のスジが痛い」と医師に告げたところ、一喝されたという話を聞きました。

これは、医師だけでなく歯科医も同じで、保健所や歯科医師会にも同様の苦情が寄せられます。
「歯」の場合は正直「生命の危機」に関わる場合はごく稀だと思いますが、それでも「不安」や少なからず「恐怖」を抱いて受診される方も多く、自分なりには気を付けて取り組んでいるつもりです。

自分の「不健康さ」を自慢する訳ではありませんが、やはり実際に自分が治療を受けてみると、いろいろなことがわかり仕事上の参考になります。
4月は、毎週土曜日・午後も会合があり体調管理には気をつけたいと思います。

●4月の診療時間のおしらせ
 4月 4日(金) 会務のため 18:00まで
    7日(月) 会務のため 18:00まで
   10日(木) 会務のため 18:00まで
   16日(水) 会務のため 18:00まで
   18日(金) 会務のため 18:00まで
   24日(月) 会務のため 18:00まで
  ※13日(日)「サンスターいい歯キラメキ・キャンペーン」に出向します

3月

mv.jpg「肩の力を抜いて」

みなさま、こんにちは。
ソチ・オリンピックも終わりましたが、みなさまの応援していた選手は活躍していましたか?
冬季オリンピックですので、北海道出身、あるいは縁(ゆかり)のある選手が数多く参加していましたね。

個人的には、「女子アイスホッケー」を応援していましたが、「メダル獲得」の夢はかないませんでしたね。
自分でもアイスホッケーをやっていることや、知っている人が出場していたので、応援していましたが「女子」とはいえレベルの高い戦いでした(当然私よりは上手です)。

先日、またまた「全日本歯科医師アイスホッケー大会」のお誘いを受けましたが、迷った末お断りしてしまいました。
理由はいろいろありましたが、「体力の限界」かな?
今年は、若手が2名参加予定で心配されていたエースのK先生と、東京から経験者の先生の参加もあり、「まずまずかな」ということです。
「ご高齢」といったら怒られますが、昨年大会直前にケガをされ無念の「引退宣言」をされたS先生も参加されるということで、かなり心も揺らぎました。

物事を決めるときに、誰でも迷ったりすることはよくあります。
買い物などで「買うか、買わないか」などといった些細なものから、「どの会社に就職しよう」「どちらの人とお付き合いしよう」など人生の重大な決断に直面することもあるでしょう。
物事に迷ったりして、どこへ進むべきかわからなくなったとき、誰かに相談するかもしれません。

私もインターネットで偶然知ったのですが、Mike Vardy(写真の方)という人の考え方を知って少し参考になりました。http://www.lifehacker.jp/2014/02/140223happiness.html※左記アドレスをクリックするとご覧いただけます。
誰に訊いても答えは出ません。
「自分の人生の進むべき方向」を決めるのは「親」や「友人」ではなく「有名な占い師」でもありません。
そういった意味で、前述のMike Vardy氏の考え方は「肩の力が抜ける」ようで少しほっとしました。

話は突然変わりますが、「口」を開け閉めしているのは口の周りの筋肉だけではなく、「頸(くび)」や「肩」など様々な筋肉の働きが関係しているといわれています。
毎日「いろいろな悩み」に苛まれ続けていると自然に肩に力が入って「肩こり」や「首の痛み」が起きやすくなります。

筋肉は単独で動くのではなく、複数の筋肉の動きが合わさって一つの「動き」が生じることが多いといわれています。
よって肩に力が入ると、当然かみ合わせにも影響が出ます。
「仕事」に追われて、肩に力が入る。「悩み事」でいつも下を向いていると、「歯も悪くなる」ということです。
足元には「何も落ちていません」。
まるで自分に言い聞かせているようですが、「上を向いて歩きましょう!」

「3月の診療時間のおしらせ」
   7日(金) 会務のため 18:00まで
  10日(月) 会務のため 18:00まで
  11日(火) 会務のため 17:30まで
  13日(木) 会務のため 18:00まで
  17日(月) 会務のため 18:00まで
  18日(火) 会務のため 18:00まで
  24日(月) 会務のため 18:00まで
 ※25日(火) 午前休診  14:00より診療します
  27日(木) 会務のため 18:00まで
  28日(金) 会務のため 17:30まで
  以上となります。
  よろしくお願いいたします。

2月

so.jpg「オリンピック・雪祭り開幕!」

みなさま、こんにちは。
年末の喧騒、年明けの静寂、子どもの冬休み終了そして始業式と、あわただしく過ぎた1月。
札幌では、あちこちで学級閉鎖の知らせを耳にするほどインフルエンザが流行してきましたが、くれぐれもお体にお気をつけ下さい。

さて、今年も2月に入り「雪まつり」の開催目前となりましたが、どうやら世間では「ソチ・オリンピック」の話題のほうが注目されています。
北海道は長年経済不況に見舞われて、なかなか「不景気」から脱却できない感じがあり、1人でも多くの観光客に来ていただきたいですね。

毎年、雪まつり会場では一般市民による雪像作りがありますが、今年はどのような雪像が作られるのでしょうか?
自衛隊による巨大な雪像も見どころですが、小さな雪像もそれなりに良くできています。
欲をいえば、雪まつり期間がもう少し長ければ、より多くの経済効果が期待できます。
今年は日程も連休になりませんので残念です。

オリンピックでは、やはり日本人選手の活躍を期待したいですね。
私個人的には、自分でもアイスホッケーをやっているので、女子アイスホッケーに期待したいです。
今回、子どものアイスホッケー関係で知り合いになったお父様のお嬢様が、日本代表に選ばれました。ぜひ頑張ってメダル獲得に貢献してもらいたいです。

私はというと、今年は残念ながら「歯科医師アイスホッケー大会」には参加しません。
年齢的なことが大きいですが、またいつの日か、復帰できるよう身も心も鍛えていきたいという考えはあります。実行されるかはわかりませんが。

さて、いまさかんに「アベノミクス」について論じられておりますが、その戦略の一環として消費税増税があり、4月からは8%になります。
数字の上では「たった3%か」と思いますが、金額にするとなんと8兆円ほどになります。
使い道は「一般企業の減税」に充てられるそうですが、はたして景気を刺激するほどの効果が出るのでしょうか?

医療界でも、この増税とともに「診療報酬改定」が行われます。
歯科では、残念ながら厳しい結果となりそうですが、工夫をしながらなんとか乗り切っていきたいと思います。
まさに「歯を食いしばって」いきたいところですが、肝心な「歯」が丈夫でなければなりません。
みなさまも、この時代を乗り切るためにも、「歯」を大事にしてください。
今月もまたよろしくお願いいたします。

※2月、3月が歯科医師会・会務が多忙なため、診療時間が18時までの日が多いですので、大変お手数ですがご来院の際にはご連絡してください。

2014年1月

syo1.jpg「明けましておめでとうございます。」

みなさん、明けまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、自分にとって大きく変わった年でした。
とはいっても、今までだって毎年変わっていたのです。
子供の誕生と成長、仕事の変化、家庭での出来事、自分の周りでの出来事など常に変化し続けています。

何の変化も感じなくなったら、味気ない人生でしょうね。
強いていうならば「大きく」変わった年でした。
しかし、今後もいろいろなことがあると思いますので、「もっと大きな変化」があるかもしれません。

最近とくに感じているのは、「身体の変化」です。
この年齢でいうのもなんですが、「衰え」をとくに感じます。
今までは多少無理をしてもどうにか乗り越えられてきましたが、近ごろは「身体」もさることながら、「精神的」にもこたえることが多くなった感じがします。

今年の目標は、「自分と仲良く付き合う」です。
変な目標ですが、今までは「心」で感じていても「身体」がついてこなかったり、またその逆で「身体」では大丈夫と思っていても「心」が疲れてしまったりと、要はあまり無理をしないということです。

私は会社を経営しているわけではなく、いわば「自営業」です。
ですが、一般の仕事でいう「組合」のようなものが「歯科医師会」や「大学・同窓会」、「スタディーグループ」などですが、そうしたいろいろな場面で「人付き合い」があります。
どうしても他人に「いい顔をしたい」と考えると、無理をしてしまうことが多いですが、これからは何かを始める前に「自分とよく相談」してみたいと思います。

調子が悪いとき、気が向かないときは、可能なことであれば「仕事や約束を回避」したいと思います。
一つしかない身体なので、大切にしたいと思います、と締めたいところですが、「心」も大切にしていきたいと思います。
ご存じかと思いますが、「心の病」も増えてきているとのことです。実際は「身体の病」よりも「重くつらい」こともあるようです。
あっ、いい忘れましたが、「歯」は当然ですが大切にしてください。

今年もまたよろしくお願いいたします。

12月

st.jpgみなさん、こんにちは。
いよいよ、今年の最終月となりました。
今までを振り返って「これで、また一つ年を重ねるのか」と思うと同時に、
「まぁ~、今まで(辞めずに)よくもったな」とも思いました。

私が大学を卒業したての頃、先輩の歯科医に「20年後はどうしているのかな?」と話したところ、「(当然)歯医者やっているよ」と、言われたことを思い出しました。
来年は25年目です。

ところで、今は「ストレス社会」といわれていますが、当然我々も「ストレス」と戦いながら生きています。
先日とある講演会でこの「ストレス」についての話題が出ましたが、「ストレスを貯めすぎることは良くないこと」というのは誰にでも想像がつくところですが、実際のところストレスの「目安」とは?

1988年に精神科医である大阪樟蔭女子大人間科学部・夏目誠教授の研究グループが日本人の実態に則した「日本版・ストレス点数表」を発表しましたが、(http://qnet.nishinippon.co.jp/medical/doctor/feature/post_54.shtml)点数表に沿った自己採点の結果が300点以上の場合、体に変調をきたす場合があるそうです。
もちろん人によってはストレスに対して強かったり、弱かったり個人差もあると思いますので、一つの目安ですね。

この表によると「配偶者の死(83点)」が1位で、「離婚(72点)」、「病気(62点)」、そして「借金」「同僚との人間関係」と続きますが、「結婚(50点)」、「個人的成功(38点)」、「収入の増加(25点)」とは理解に苦しみます。
人それぞれの感じ方があるのでしょうね。

つい先日、私はまたもや「親知らず」を抜いてもらいました。
骨の中にほとんどもぐっている状態でしたが、ほとんど痛みを感じることなく無事処置が終了しました。
はたして「歯医者に通院する」はどのくらいのストレスなのでしょうか?

体の変調も困ったものですが、ストレスによって「口の中」にも変化が現れると思います。
これは直接的というよりは、例えばストレスによって「歯ぎしり・くいしばり」が生じて、結果として歯が傷んでしまったりと、間接的な影響は十分考えられます。
もちろん直接的影響を唱える学者もいます。

歯医者も来院される患者様のストレスをかけない治療を心掛けておりますので、皆様もお口のケアには十分ご配慮ください。

「12月・年末年始のご案内」
12月は歯科医師会の会務は多いですので、来院前にはぜひ診療時間をご確認ください。
・ 3日(火) 札幌歯科医師会・中央支部会合
・ 4日(水) 5歳児歯科健診・札幌市打ち合わせ
・ 5(木) 札幌歯科学院関係者懇談会
・ 6(金) 札幌歯科医師会・通信部会
・16(月) 札幌歯科学院・会議
・18(水) 札幌歯科医師会・地域医療部会
※上記日程の診療は18時まで(17時最終受付)

・年内は、12月28日(土)午前中まで診療(午後休診)
・年明けは、1月4日(土)診療開始(午後休診)

11月

iStock_000015491644XLarge.jpgみなさん、こんにちは。
今年も残すところあと2ヶ月となり、いよいよ本格的な「寒さ」の到来となりましたが体調などはいかがでしょうか?

先月、私の歯科医院に何年も通っていただいていた患者様がお亡くなりになりました。
その方はAさんというお名前で、今年の6月まで治療に来られておりましたが、ある日突然来院されなくなりました。
今までもそうでしたが、非常に真面目な方なので病気などで予約をキャンセルされる時には、必ずご連絡を下さいましたので、今回は心配しておりました。

ある時、Aさんの家の前を通りかかったところ、大型のトラックが横付けされており、なにやら数人の作業員が家の中のものを積み込んでおりました。
「引越し」というより「処分」に近い感じに見えました。

その後、偶然Aさんのお孫様(成人の方)がいらした時にAさんが入院されたことを知りました。
お孫さんによると、入院中は、口から食事をとることができず、口自体も不潔になってしまったように見えたとのことです。

「お年寄り」にも色々な方がいますが、Aさんは大変明るくて話好きでしたので、よく覚えています。
個人的なお付き合いはありませんでしたが、「ご近所さん」としてあまりの変わりように残念な思いでいっぱいです。

つい先日、100歳のNさんのお宅に伺いました。
もちろん治療のためですが、非常に激しい痛みのため高次医療機関にお連れしました。
「歯」の痛みというよりは「三叉神経痛」のような中枢の痛みのように感じたからです。

そこで下された診断は、やはり「歯」が原因ではなく中枢の痛みが疑われるというものでした。
後日ご自宅にお電話したところ、食事もままならず、横になっていることが多くなったとのことでした。
自分の力不足を感じる次第で心苦しい思いをしております。
Nさんも、つい数日前までは何の不自由も無く生活されており、もちろん食事も普通にとっていらしたようです。
そのため容姿も、100歳というより実際の年齢より若く、80歳位見えました。

こうしたことを振り返ってみて、はたして自分はどのくらい「歯」のことで力になれたのかなと思うことがあります。
あの時「別な治療を選択しておけばよかった!」などと後悔することもあります。
人の「痛みに苦しむ姿」を目にすることほど辛いものはありません。
一生懸命取り組んでも、力が及ばず満足してもらえないことも少なくありません。

ですから、皆様も「歯のケア」に力を注いでください。
「痛みの原因」のうち半分くらいはなくすことができるかもしれません。

10月

8566840_2a05f57839_o.jpgみなさん、こんにちは。先月、「北海道もいよいよ『秋』に入ってきたなという感じですね。」と、いっていたら今月はもっと肌寒くなりました。
もう「半袖」はキツイですね。

さて、最近話題になっていることの一つに「消費税増税」があります。これも「税金」なので、上がらないに越したことはないのですが、現在の日本の財務状況からいうと避けられないでしょう。

このことは、当然我々歯医者も重大な事柄として受け止めています。
医療機器や歯科材料は、よりによって非常に高価です。
これに仮に3%上乗せされると年間で、ン万円変わってくるでしょう。
自分の「贅沢品」は節約できても、仕事での必需品の節約には限界があります。

東京など「都会」に行くと、「本当に景気が回復したんだなぁ~」と感じますが、札幌に帰ってくると「?」という具合にまだまだ違いがあるようです。
政府は、増税によって日本の経済を立て直すことを目指しているのでしょうが、うまくいってもらわなければ前回の選挙に行った甲斐がありません。
年金や医療の問題を解決することは難しいと思いますが、皆が豊に暮らせる時代が来るといいと思います。

さて、今月も「会務」などでお休みさせていただく日がありますので、ご来院されますときには、お電話でご確認ください。
今回はなんと「出張」があります。歯医者なのに!
「十三大市歯科医師会役員連絡協議会」です。
これは全国の主要都市うち13都市の歯科医師会・役員が集まり、歯科に係る事案について協議する会議ですが、当然私は出席したことがありませんので、状況はわかりません。

今回は、かなり遠方(もちろん国内です)へ出張となりますが万全の体調で望みたいと思います。
私は、現在体で悪い部分はありませんが、以前から「大変な頭痛もち」なので気をつけたいと思います。
「頭痛」も厳しいですが「歯痛」も辛いので皆さんも日頃より「歯の手入れ」に気を配ってください。

なお、10月12日(土)休診します。
よろしくお願いいたします。

9月

「健康的なダイエットを!」

みなさん、こんにちは。
北海道もいよいよ「秋」に入ってきたなという感じですね。
あとは「寒くなる」のを待つばかりです。
ここ最近は秋が短く感じられて、気が付くとストーブを焚いていますね。
「秋」といえば「食欲」が湧くといわれていますが、私の場合「夏」から食欲全開になってしまい、気がつくとなんと!3kgも増量してしまいました。

周りの先生は、「ストレスが原因では?」と言いますが、普通はストレスがかかると逆に痩せるのでは?
とにかく「これは一大事」ということで、どのようにしたら元の体に戻るのか検討しました。
「毎日ジョギングするのか?」「フィットネスクラブに通うのか?」「断食をするのか?」はたして結果は?

私の選択した方法は「歩くこと!」。
診療室のある自宅から、歯科医師会館まで普通に歩いて40~50分です。
とくに今年は晴れた日が多かったので、問題ありません。
7月は2日に1回のペースで会合がありましたので、即実践しました。
ただ、会合後の会食は問題です。
私は「ほとんど飲めない」のですが、「人一倍食べる」ので十分注意しました。

よく「炭水化物ダイエット」と称して「ごはん(お米)」を食べないやり方もあるそうですが、3食きっちりお茶碗一杯ご飯を食べました。
結果は!1ヶ月半で5kg落としました。
でも急に落とし過ぎたので、リバウンドしないかヒヤヒヤしています。

今回いつになく真剣に取り組んだのは、健康診断で心電図の異常を指摘されたからです。
「まだ死にたくない!」とは大げさですが、実は私の知っている人2人(一人は患者様)がなんと40歳半ばで心筋梗塞でお亡くなりになったのです。
その方達は別に極端な肥満でもなく、むしろスポーツをしているくらいでしたので、非常に驚きました。

心臓については早速、循環器科で精密検査を受けて「大丈夫」というお墨付きをいただきましたが、自分が倒れたら家族に迷惑もかかるし、資産家でもないので、家族を路頭に迷わせないためにも健康には気をつけたいと思います。

しかし、「健康でいる」というのは「お金がかからない」ので、本当に自分のためにプラスになります。
もちろん「歯」も日頃から気を使っていれば、ひどい虫歯になることも少ないと思います。
体も大事、そしてその一部である歯も大切にしてください。

8月

「ホームページをリニューアルいたしました!」

みなさん、こんにちは。
ご覧の通り、5月のトピックでもお伝えしましたように、スマホ対応のホームページにリニューアルいたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

北海道も「一年のうち一番良い季節」を迎えておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
先月もお知らせしましたように、現在「会務」を担当することになり、先月は仕事を早めに切り上げて歯科医師会に「出勤」することが多かったのですが、8月になり少し落ち着きました。
私はまだ「駆け出しの新人」なので、ただ与えられた仕事を夢中でこなすだけですので、早く他の先生のようにテキパキと手際よく遂行していきたいと考えております。

私は今まで、いわゆる「会社勤め」をしたことはありませんでした。
分院(会社でいう支店)を持っている歯科医院に勤務したことはありますが、せいぜい15名程度、全部で30数名といったところです。
ですから、歯科医師会という大人数の「組織」のなかで仕事をするのは初めてですので、日々いろいろなプレッシャーを感じながら仕事をしております。

さて、組織のなかでうまくやっていくためにはどうしたら良いか、私なりに考えました。優先順位は別として、
① 性格が明るい。
② 話し上手で聞き上手というより、聞き上手!
③ (お酒が)飲める。

逆に、自分で気をつけていることは、
① 性格が暗くて、周りにとけ込めない。
② 無口なくせに、変なこだわりをもつ、頑固
③ 全く飲めないうえに、「飲み会」にも参加しない。
以上は、「私の偏見によるもの」であり、人により違いはあるでしょう。
また「大前提」として、周りから認められ「仲間」として迎え入れられるためには「仕事ができる!」ということが一番重要だと思います。

私は「自分を分析」すると
① 特に暗いとは思いませんが、変に明るくもなく「普通」?
② 無口ではないが「おとなしめ」
③ 飲めません!
こりゃ、ダメだわ!性格かえないと!
しかし、今回仕事をしてみて意外なことに、「これでよかったのかな?」と思っています。
まだ、これからわかりませんけど.....。

自分では、「ああして、大金持ちになりたい!」とか「こうして、女性にモテたい!」とかも考えますが、「自分の選んだ道(大げさ?)が、将来の自分にとって最良のものとなるように!」と、考えるようにしています。

「お盆休みのご案内」
8/14(水)~8/16(金)までお休みをいただきます。
※8/17(土)は9:00~正午まで診療しております。

7月(歯科医師会の年度変り)ほどではありませんが、8月も急な会合もあるかもしれませんので、特に18:00以降は診療時間をご確認いただければ幸いです。

7月

「いよいよ一年の折り返し地点!」

みなさん、こんにちは。
いよいよ「一年の折り返し地点」を通過しますね。
これから先は、どんどん日が短くなると思うと寂しくなります。
やはり「太陽の日差し」を浴びることが必要ですね。

先月お知らせしたように、7月より歯科医師会で会務に携ることになりました。
仕事が多くて大変と聞いていましたので、「私で大丈夫?」といった思いのなか、「お引き受けします」と返事をしましたが、「本当に大丈夫?よく引き受けたね」「辞めた方が良いよ!以前引き受けた先生を知っているけど、大変なことになったみたいよ!」「仕事を言い渡された先生は、皆落ち込んじゃってるよ!」などなど周りから言われて少し後悔しています。

他人から見て、私が「使える人間」なのかどうかは判りませんが、「少しは役に立つかな」と、思っています。
また「ご忠告」をいただいた先生方の半数はこの仕事をやったことのない方々なので「助言」の内容について真偽のほどはわかりません。
「まぁ~別の世界を見てみるかな」と、無理やり納得しています。
このように、本業の歯科医業以外にもいろいろとやらなければならないことがあるのですが、それが増えて手がまわらなくなると、どこから解決すればよいかわからなくなってしまい、追い詰められてしまいます。
その際には「K・J法」と呼ばれている方法を使って効率よく仕事をこなすようにしています。
「K・J法」は考案者の川喜田二郎先生のイニシャルから命名された技法ですが、ワークショップなどでも用いられます。
私なりに勝手に解釈していますので、本来の意味とは若干違うかもしれませんが、まずメモ用紙などに今抱えている仕事を列記して、重要なものから順位をつけて、それに従ってこなしていきます。
「今すぐやらなければならないこと」「後回しにしてもよいこと」などに分けることにより、ストレスも若干緩和されます。
これは10年ほど前に歯科関係の雑誌で、ある精神科の医師が「うつ病」について解説した際に紹介されていたのをきっかけに知りましたが、実際に自分で実践してみると、理にかなったよい方法の一つといえます。
私くらいの年齢は、一般社会でも中間管理職にあたり皆さん苦労されていると思いますが、興味のある方はぜひお試しください。

いうわけで、7月は会合が非常に多く診療時間の変更がございますので、来院される場合にはお手数ですが電話でご確認ください。

6月

ha.jpg「歯の衛生週間」

みなさん、こんにちは。
札幌では6月に入って最初の週末は絶好の「運動会日和」と、なりましたね。
厳しい日差しのなか一生懸命競技に参加したお子様、そしてそれを応援したご家族もたくさんいらしたと思います。
本州のように暑過ぎるのも困りますが、このような気持ちの良い気候が続いてほしいものです。

さて6月といえば「6(む)月4(し)日」に、ちなんで「歯の衛生週間」が始まります。
しかし今月に限らず、ずっと歯の健康管理にも気をつけていただきたいと思います。
厚生労働省のホームページなどで確認できますが、今や国民医療費は37兆円を超えています。
そのうち歯科医療費の占める割合は7%で、およそ2兆6千億円です。
この内訳については近年ある変化がみられます。
それは「補綴(ほてつ)」といって「入れ歯」や、いわゆる「さし歯」などを作ったり装着したりする部門では医療費が減少しているのです。
これについては、「歯の衛生管理の概念」が国民のなかに広がり、結果として「むし歯」が減少したためではないかと考えられています。
しかし高齢者にかかる医療費の増加にともない「歯科医療費」は年々増えており、一概に「われわれ歯科医の仕事の成果」が出ているともいいがたいです。
さらに、それにもまして全体の医療費(医科・調剤)は、はるかに増加しています。
ですから歯科医療費の「割合」は年々減少しています。
「からだの健康も口から」といわれていますが、歯を大切にした方が「お医者さま」へ通わなくてよくなるかもしれませんね。

写真のグラフは古い資料ですが「歯の本数」と「年齢」の関係を示したものです。
「歯が少ない人」は「歯が多い人」に比べて、「急激に!」そして「早期に!」歯が失われていくのがわかります。
改めて言わせていただきます。
「歯を大切に!」

私ごとではありますが、7月より歯科医師会の仕事をさせていただくことになりました。
会務等で急な休診もございますので、受診の際は診療時間のお問い合わせをお願いいたします。

5月

「いよいよスマホ対応に切り替え!」

みなさん、こんにちは。
今年はどうしたことか、さっぱり暖かくなりませんが、風邪などをひかれていませんか?

さて世の中はめまぐるしく変化しており、私はその流れに飲まれて溺れかけていますが「根が頑固」なためなのか、なかなか受け入れられないのは我ながら困ったものだと痛感しております。
子ども達も「スマホ」や「携帯」を持つようになり、「そんな物、必要ない!」とはいえない時代になりました。
いつまでも「子どもだ!」と思っていましたが、子どもの方がよっぽど詳しい。
恥ずかしながら、子どもの「スマホ」の使い方がわからず、インターネットで調べてしまいました。
しかし、私の知り合から、ウインドウズ8搭載のパソコンの電源の切り方がわからなかったという話を聞いて、自分だけではないんだと妙に安心しました。

私はインターネットについては、「有れば便利だけど、無くても別に困らない」と考えていましたが、どうやら自分でも気がつかないうちに状況が変わってしまったようです。
仕事や生活でもインターネットを使わないときはないといっても過言ではありません。
趣味などの会合日程などもインターネット上の掲示板で確認したりします。
スマートフォンが発売されてから随分経ちますが、いまや携帯電話を凌ぐ登録台数を誇っているそうです。

そんななか、ホームページを管理していただいているMさんから「スマホ対応版」にリニューアルしたいと、電話がありました。
私は「スマホ」を持っていないので確認できませんが、どうやら今までのホームページを「スマホ」で見ることが出来ないらしいです。
今では、お店や病院を検索するときにインターネットを利用するのが当たり前で、それを充実することにより一層宣伝効果もあがるといわれています。
そういえば、自院のホームページでこの「トピック」に、あまり歯科に関係の無い事ばかり載せていたけど大丈夫かな?
今度作っていただくホームページには、少しずつ写真なども載せて、「学術的」にしようかな?
それでは、「歯」に関連したことを書きます。
「え~と、歯、う~ん、特にありません。」と、いう訳で常日頃皆様の関心が少ない「歯」について、私達歯医者が「その大切さ」を訴えていかなければなりませんね。

4月

「家の前がキリマンジャロからモンブランに。笑」

みなさん、こんにちは。
一年の四分の一が過ぎて、いよいよ本格的に春を迎えますが、家の前の雪山は先月「キリマンジャロ(5,895m)のようだ」といいましたが、今はやや解けて「モンブラン(4,807m)」程度にはなっていますが、依然として険しい「峰」を形成しております。

さて、最近暖かくなって「体でも動かそうかな?」などと考えてはいるのですが、なかなか運動に向かっていかないものです。
「面倒くさい」、「ゴロゴロしていたい」、「体が痛い」など、さまざまですが、最後の理由が一番当てはまる感じです。
アイスホッケーも、細々と続けていますがあまりチームに迷惑をかけてもいけません!
「引き際」を考えていますが、なかなか引かせてもらえません。
というわけで、今年は3年ぶりに「歯医者の大会」に行ってきます。
この文章がHPにアップされる頃には結果が出ていると思いますが、きっと「コテンパン!」という感じかな?
今回は、兵庫県の尼崎市で開催されますが、今年はなんと「第31回大会」となります。
私は第20回大会から第28回大会まで参加しました。(第25回大会はケガで不参加、第29回大会は東日本大震災で中止になりました)
昨年は「燃え尽きた!」ということで参加しませんでしたが、今年はエースのK先生、若手のY先生、ベテランのT先生がケガで不参加となり急遽お声がかかったので「二つ返事」で引き受けてみたものの現実は厳しい!
今までは「優勝」が目標でしたが、今年は「ケガしないで、ついでにケンカもしないで終わりたい」というところです。

歯医者のアイスホッケーというと「トロそう」と思われがちですが、かなりうまい人もいます。
稀ですがアンダー00日本代表という先生(今回、参加はしていませんが)、国体・元東京都代表なんて先生もいます。
特に「関西のチーム」は若手中心で、「餃子の王将の餃子」みたいに油というか力がみなぎっていますが、私はというと「干からびた漬物」みたいに弱々しい感じです。
それよりも何よりも「歯が変な感じ!これって痛いの?」そういえば、先月は会合やいろいろなことで忙しかったのでストレスかな?
やはり放っておいたのが一番の原因です。
みなさんも「歯の定期健診」をしましょう。

3月

「少しは景気が良くなるか?」

みなさん、こんにちは。
3月といえば、春の兆しを感じても良い季節ですが、今年の北海道に限っては「冬そのもの」という感じですね。

家の前の雪山も、昨年を「富士山」にたとえると、今年は「エベレスト(8,848m)」とはいかなくとも、「キリマンジャロ(5,898m)」くらいでしょうか?
特に歩道側は「アイガー北壁」のようになっております。

さて、政治の世界も変わりつつあり「いよいよ景気回復をむかえるのか?」と、期待が高まっていますね。
テレビのニュースや新聞記事では、まだまだ解決しなければならない問題が山積みしており、経済の回復には時間が掛かりそうです。
こういった時こそ、「明るい話題」が必要ですね。
昨年までは、「出口の見えない不景気」、「外交問題」、「いじめや雇用不安などの社会問題」など暗い話題が多かったように思います。
報道されている内容は正しいと思いますが、「日本はダメダメ!」と、言われているようで元気が出ませんし、将来に対して不安を感じます。

いったい、何が不安なのか?
「お金?」「教育?」「健康?」あるいは「戦争?」やはり「お金」が大事かな?
しかし、それは「豊かさを測る目安」が時の流れにより変わってきたのでしょう。
子どもの頃は、「お風呂」や「電話」のない家庭もありましたが、皆同じように生活していたように思います。
皆が同じだったので、卑屈に思わなかったのでしょう。
しかし現在は、海外旅行に行ったり、高級外車を乗りまわしたり、ブランド品を持ち歩くことが「豊さ」であり、「勝ち組」なのだといわれています。
またこのことについて、「格差が生じている」といわれていますが、「真の格差」とは「経済力」ではなくて「品格」なのかなと思います。
旅行に行かなくても、破れた靴下を履いていても、自分が社会人としての役割を果たしていると実感できれば良いのかなと、勝手に考えて納得しています。

インターネットをしていて知ったのですが、「Global Rich List」というサイトをご存知ですか?
「自分の年収世界ランキング」を知ることができます。
ちなみに、3,000,000Yenと入力すると、上位9.4%という結果が出ます。
まだまだ恵まれているのですね。

「休診のご案内」
3月29日(金)の午後と30日(土)診療室歯科ユニット設置工事のため休診とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2月

「お付き合いしないと分からない事・・・」

みなさん、こんにちは。
何年か前の「1月のトピック」を見たところ、「雪が少ない」とか「温暖化か?」などと書かれていましたが、今年の雪の多さには困ったものです。
雪が多いといえば「除雪」が思い浮かびますが、ウチのように土地が狭いと排雪場所にも困ります。
朝、目覚めるとすぐに窓から外の景色をながめて「またかぁ~」と、「雪かき」をする日が続いています。
そうはいっても、30年ほど前に比べるとはるかにその量は少なくはなっていますが...

ある朝、いつものように家の外に出てみると、なんときれいに雪かきがされていました。
家の前の通りや医院の玄関がスッキリしています。
「あれ?昨晩除雪したかな?」どう考えても記憶にありません。
「誰かがやってくれたのかな?どうして?」後に分かったのですが、近所のおじさんがやってくれたそうです。
そのおじさんは、何年か前に近所のアパートに越してきたのですが、いつもサングラスをしていて頭を短く刈っていました。
身なりもちょっと近寄りがたい感じでした。
昨年の夏、出かけようとしたとき偶然家の前で、自転車を押しているおじさんとで鉢合せしました。
「旦那さん、空気入れ持ってる?」どうやらタイヤの空気が抜けてしまって、自転車屋さんへ行く途中だったとのこと。
私は物置から空気入れを持ってきて、二人で空気を入れました。
「いゃ~、ありがとう!」「雪かき」してもらったのは、一回きりでしたが、「人と人が話すことって大切なんだな~」と、思いました。

このことがなかったら、私の中ではそのおじさんはいつまでも、「近寄りがたい人」だったと思います。
初対面の人と接するとき「第一印象」が大事といいますが、一回だけではわからないことも多いです。
話をしたり、付き合っていくうちにわかってくることもあると思います。
そういえば、何年か前の占いでは今年から「運が開ける」はずだったけど、宝くじを買ってみようかな?

2013年1月

「明けましておめでとうございます。」

みなさん、明けましておめでとうございます。
昨年の暮れから今年にかけて、いつになく厳しい寒さと、大雪に見舞われておりますがいかがお過ごしでしょうか?

私は何年か振りで「ひどい風邪」をひいてしまいました。
と、いう訳で年末からずっと寝込んでおりました。
厚着をして、布団を何枚も重ねて寝ていても、「ガタガタ」と震えて体のあちこちが「ギシギシ!」と、痛んでおりました。おまけに一日中頭が「ズ~ン!」と重くなり、まさに「最悪の正月」でした。
はたして、年末に行った「スーパー」なのか「温泉」なのかわかりませんが、一緒にいた子どもたちには何の変化もありません。

毎年、私以外の家族全員はインフルエンザの予防接種を受けていますが、私は「そんなものは、たるんでいるから病気になる!」と受けていませんでした。
やはり「たるんでいた」のでしょうか?
それとも「トシ」なのか?

「大雪」といわれている今冬ですが、私が子どもの頃はもっと寒くて、もっと大雪だったような気がします。
歩道が積雪のため家の玄関よりも高くなってしまって、階段のように下って家に入っていた記憶があります。
昔の家と構造の違いもありますが、窓は常に「花が咲いた」状態でした。
それでも、毎日外で遊んで手足が冷え切ってしまって、水道の水さえ暖かく感じたものでした。

ウチの近所に限ったことかもしれませんが、外には子どもの姿は全くありません。
時代の変化を感じます。
だんだん「昔」を懐かしむようになった自分にも「老い」を感じます。

さて、今年もまた一年の「始まり」を迎えたわけですが、毎年いつもただ漫然と生活するのがいけないのだと思い、「今年の目標は何か」と、自分に問うてみました。
「お金儲け?」いやいや、「勉強?」う~ん、「健康?」いまひとつピンとこない、「今年は出来るだけ自分の思い通りに生きてみよう!」
しかし、これって「我がまま」ってこと?
「自分の考えをしっかり持って生きること!」
何か変ですがこんな感じでやって行きたいと思います。
今年一年、またよろしくお願いします。

12月

「来年はどんな年?」

みなさん、こんにちは。
最近、寒さが一層身にしみるようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
先月の今頃は、まだ雪もまばらであまり季節を実感できませんでしたが、やはりやってきましたね、「冬」が!

以前、「デジャブ(既視感)」について紹介をしたことがありましたが、ここ数年、自分はまさに「デジャブな毎日」?を過ごしております。
人によっては何か新しいことに挑戦したり、自分を変えたり色々と努力していますが、私や私の周辺で変わっていることといえば、子ども達が成長していることと、体力の衰えに反比例して「おなか」が着実に大きくなっていることです。
そうはいっても、「世の中」は日々変化しており、自分も変わらざるをえない状況です。
国内の政治・経済から世界の情勢など数々のことが変化しております。
気が早い話ですが、来年はどのような年になるのでしょうか?
「不景気の拡大」?「世の中が物騒になる」?「外国が日本に攻めてくる」?色々と不安もありますが、自分に与えられた「責務」を果たしていれば、きっと幸せになれるような気がします。

「すごいお金持ち」や「名声」は残念ながら、得ることはないでしょうが、家族の幸せや、何かささやかな楽しみがあれば十分です。
とは言っても、やはり「お金」には魅力がありますね。
今年は「宝くじ」を買おうかな?
毎年、年末に一年を振り返ると、沢山の医療費に驚きます。
子どもが小さかった頃は、入れ替わりまあまあよく病院のお世話になりました。
おかげでたいそうな金額になりましたが、最近子どもの成長とともにかなり減りました。
「お金を得ること」は私にとっては簡単ではありませんが、「お金を使わない」ことは工夫しだいで可能です。
その一つとして、「健康」に気を使うことです。
「病気」にならなければ病院に行かなくて良いのです。
「健康こそ一番の財産」ではないでしょうか?

11月

「歯科医の悩み」

みなさん、こんにちは。
今年も残すところ2ヶ月となり、いよいよ「冬のたより」が届きそうですね。
先週は、峠などの山間部で「初雪」も確認され「冬の到来」を実感します。

もうかなり以前のことですが、ある講習会で「歯科医の悩み」について話題になりました。
アメリカのとある歯科学会の会員に聞いたところ、共通の4つの悩みがあるそうで、それによると
①罪悪感、②拒絶、③精神的・肉体的な負担、④経済的悩み、だそうです
①罪悪感とは、治療で患者さんに痛みや苦痛を与えてしまって、歯医者自身が悩むこと。
②拒絶とは、患者さんに懇切丁寧に治療内容などを説明したのに、治療を中断されたり中止されたりすることだそうです。
つまり、歯医者自身は患者さんに尽したつもりなのに、その想いが伝わらなかった、あるいは理解されなかったというものなのでしょう。
③精神的・肉体的な負担。
④経済的悩み、については想像がつきますが、最近は診療時間も夜間に及ぶことが多く、経営環境も厳しいですね。

しかし、私個人的には、①罪悪感に苛まれることが多いです。
やはり、治療中に苦痛で顔をゆがめているのは見るに忍びないです。
まさに、芥川龍之介の「杜子春」の心境です。
しかし、知り合いの歯医者は私と正反対の性格です。
直接治療しているところを見たわけではありませんが、聞くところによると患者さんに平気で怒鳴ったりするそうです。
「ほら、もっと口を開いて!それじゃできない!舌をだすなよ!」歯医者として仕事をする以前に、社会人として勉強し直した方が良いですね。
しかし、その歯医者が職場を辞めた後で一人の患者さんが花を持っていらしたそうです。
その患者さんにとっては「良い先生」だったのかもしれません。

今、インターネットを始めとしてさまざまな媒体で「名医の基準」「良い病院」などが溢れています。
それは一部の人が作りあげた基準で、実態とかけ離れている場合もあります。
日本中いろいろな歯医者で溢れていますが、大部分の先生は4つの悩みと戦いながら、真面目に診療に従事していると思っています。

10月

「デジャブ」

みなさん、こんにちは。
今年は本当に暑い日が多かったですね。
9月半ばになっても気温が30度近くあるというのは、いままで記憶にありません(忘れているだけか?)。
この調子で冬も暖かければ良いのですが、そうはいかないのが「北海道の冬」ですね。
今年もきっと雪が多いような気がします。

さて、最近はどうも「自分にあった面白いテレビ番組」がありません。
とはいっても、いつも仕事が終わると「ニュース」しかやっていませんので同じですか?
そのニュース番組でさえ「国際紛争」「国内の政治の混迷」など、気分が落ち込むような内容ばかりです。
ですから、最近は子どもと一緒にDVDを観る機会が増えています。
内容は「子ども向け」からアドベンチャーやアクション映画などまでさまざまですが、「ホラー」や「バイオレンス系」は我家では厳禁です。
そんななか、私の好きな俳優の一人であるビルマーレイが主演する映画「恋はデジャ・ブ」(原題は「Groundhog Day」)を観ました。
ビルといえば、「ゴーストバスターズ」に主演していたといえばおわかりですね。
物語は、主人公の気象予報士フィル(ビルマーレイ)が、「グラウンドホッグデー」というお祭りを取材するため、仕事仲間と共にペンシルベニア州のパンクスタウニーに滞在していたのですが、この田舎行事の退屈さは耐え難くて、仕事も身に入らないのです。
嫌々ながら取材を終えたフィルは、都会への帰途、天候の急変により前日の宿に泊まることになったのですが、翌朝目を覚ますとその日はまたしても「2月2日のグラウンドホッグデー」であった、というものです。

「デジャブ」とは「既視感」と訳され、「実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じること」ですが、これはコメディ映画なので、主人公が警察に追われて崖から車で落ちようが、高いビルから飛び降りようが、何をやっても朝起きるとまた「グラウンドホッグデー」の当日になってしまうのです。
これはもはや「デジャブ」というより「リセット」に近いものです。
この映画を観て、自分ももし朝目覚めたら以前に戻っていたら、一度体験したものばかりなので、当然「仕事」でも「人づきあい」でも何でもうまくいくのでは?と思いたいですが、やはりそうウマくいきませんね。
9月は会合が多く講習会に参加したり、会議取材の記事を書いたり大変でしたが、朝目覚めたら、また元に戻っていたらショックですね。
なにより、このトピックを仕上げたと思ったら、また一から書き直しと思うと笑えませんね。
寝る前にホームページを管理してもらっているMさんにメールしたいと思います。
今の生活は、「デジャブ」でなくても同じような日々の繰り返しですが、仕事も工夫して、少しずつ変化があると、いつかきっと「映画のようなハッピーエンド」を迎えられる気がします。

9月

「残暑が続きますね。」

みなさん、こんにちは。
今年の夏はどのように過ごしましたか?とはいっても、残暑が続いていて、まだまだ夏が終わっていないような感じさえします。
ここ数年、暑い夏が続きますね。

さて、今年はオリンピックでの日本人選手の活躍で盛り上がりましたが、その後に領土問題などで近隣の国々との関係がうまくいかず、「反日運動」などの残念なニュースが伝えられました。
これは、報道で伝えられているように、過去の戦争の遺恨を引きずる根の深い問題なので、簡単に解決はしないでしょう。
しかし、「報道のあり方」を工夫することにより、随分とお互いの感情も変わるのではないでしょうか?
相手の悪い面、自分の不利な点ばかりを強調して繰り返し報道する。
そしてコメンテイターが、「ああした方が良い、こうした方がよい、弱腰だ!」などと焚きつけるので、国民感情にも影響が出るのだと思います。
そのためか、私自身もテレビなどで「韓流」と呼ばれるような内容の番組は避けてしまいます。
今日では「インターネット」は人々の生活には欠かせないものとなっております。
テレビだけではなく、インターネット上でおのおのが「攻撃」し合っているうちは、お互いの感情も変わらないでしょう。

そんなある日、北海道のローカルニュースで「朝鮮人の強制労働」についての特集が放送されました。
以前、北海道に強制的に連れてこられて、道路や遊水池の建設に携った韓国人とその家族が北海道の地方の町へ招待され、「強制労働」について検証している地元のグループの人たちと交流をした内容でした。
始めは「北海道へ来て気分が悪い」と、言っていた老人も帰国の際には招待した地域の人への感謝の弁を述べておりました。
放送された内容について、どこまでが「真実」かは、今となってはわかりませんが、少なくとも韓国人と地元のグループの交流は感動的でした。

このように、お互いの言い分を良く聞いて話し合いをすることが「和解」のためには重要だと思います。
ネット上でも、「中国人」や「韓国人」を揶揄する内容を見かけますが、冷静に考えると、「誤った内容」が多いことに気づきます。
しかし、私を含めて一般人は、新聞などのメディアから一方的に送られてくる情報を鵜呑みにするでしょう。
日本人は、大部分の「中国人」や「韓国人」から嫌われているのでしょうか?
やはり個々がしっかりと「自分の考え」を持つことが大切なのでしょう。
その上で、「好き」、「嫌い」は個人の自由だと思います。
私も、学生時代には「アイツがきらい」などということを口走っておりましたが、大学を卒業した後、東京の学会で偶然「アイツ」に会ってしまいました。
たった5分ほどの立ち話をしただけなのに、「何年にも渡った怨念」は一瞬にして消えうせた気がしました。
「アイツも意外といいヤツかも」。
その後彼が「東北」で頑張っているとの記事を歯科雑誌で読み、今私は心のそこで応援しています。

8月

みなさん、こんにちは。
いよいよオリンピックが開幕しますね!
日本選手の皆さんの活躍を期待しています。
今までの練習成果を出し切って、最高の結果を残せるといいですね。

さて、今年も晴れた日が多く、気温も高めで「夏らしい」時期となりました。
夏休みになり、私は子どもと一緒にラジオ体操に参加していますが、昔に比べるとやはり数は少ないですが、ここ最近はマンションの建設ラッシュもあってこの地域でも人が増えているように思います。

私の頃のラジオ体操は、きちんと上下白い体操着を着た大人が、壇の上に上がって体操をしていました。
始まりの「ラジオ体操の歌」も真面目に歌い、子どもたちも整列して一糸乱れずにやっておりました。
私が小学校4年生のときのある日、友達とふざけていたところ、壇から大人が飛び降りてきて皆の前で怒られたのを覚えています。
「昔の大人」は怖かったのです。

夏休みは、とにかく毎日友達と朝から夕方まで遊んでいた思いがあります。
ただこれは、自分の都合の良い「記憶」であって、本当にそうだったかはわかりません。
実際は勉強も全くせずにテレビばかり見ていたのかもしれません。
ですから、自分の子どもが家の中でごろごろ転がったり、ふらふら遊びに行っても、「まぁ~仕方がないのかな」と思ったりもします。
よその子どもは、朝から勉強をしまくっているかも知れません。
朝から夕方まで、野球やサッカーに明け暮れているかもしれません。
そして、将来そういった子どもたちが、スポーツや研究などのいろいろな分野で活躍する日がくるかもしれません。
それもまぁ~人それぞれなので、私はうち子どもにあったやり方で過ごしていきたいと思います。
なんせ、私も勉強はできなかったし、外で遊んでいてもよく大人に怒られたりしていましたから。
そうは思っていても「勉強しろ~!」と、いつも怒鳴っています。

「お盆休みのご案内」
当院では、12日(日)~15日(水)までお休みをいただきます。
16日より通常通り診療しております。
よろしくお願いいたします。